2017年04月22日

何を言っても・・

自民党の中川前政務官が離党することになった件について、民進党のR4代表が「離党で幕引きは無責任」と批判しているらしい(時事電子版)

>民進党の蓮舫代表は22日、中川俊直前経済産業政務官の自民党離党に関し、「離党すれば関係ないというのは無責任だ。政府の一員として政策に責任を持つ立場にあった。党を辞めれば全く責任がないという論理は理解できない」と述べ、問題の幕引きを図ろうとする政府・自民党の姿勢を批判した。東京都八王子市内で記者団に語った
>一方、日本維新の会の松井一郎代表は大阪市で記者団に「家庭人としての倫理違反の話を政局に利用するのはやめた方がいい。民進党の議員は(過去の女性問題で)辞めていない」と語り、中川氏の議員辞職を求める同党をけん制した


R4さんよ、何を言っても「お前が言うな」だよ。二重国籍問題で国民が納得できる説明もせず、議員辞職ばかりか離党さえせず、しれっと代表の座にいるお前が。

政策を立案し議論する知恵も力もない民進党諸氏は、どうせ与党政治家のスキャンダルという敵失で勝負するしかないのだろうが、国民目線で言えば松井代表の方が正論だ。

悪いことは言わない。R4自身にとっても、「モナ男」のような同類を抱える民進党にとっても、この政局狙いの批判はブーメランにしかならないからやめておけ。また支持率がさがっても知らんぞ。
posted by 三四郎 at 17:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

反面教材

ヒトラーが著してナチス思想の聖典となった「わが闘争」について、政府は「有益適切なものである限り」、「校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」との見解を示したという(時事電子版)

>政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した。民進党の宮崎岳志氏の質問主意書に答えた
>答弁書では、「同書の一部を引用した教材を使用して、執筆当時の歴史的な背景を考察させる授業が行われている例がある」と紹介。その上で、「仮に人種に基づく差別を助長させる形で使用するならば、同法等の趣旨に合致せず、不適切であることは明らかだ」と指摘し、そうした指導があった場合は「所轄庁や設置者において厳正に対処すべきものだ」としている


このニュースを受けて、サヨク界隈、反安倍人士は「安倍政権の暴走」「教育勅語容認に続く暴挙」的なニュアンスで受け止め拡散している

だがちょっと待ってほしい。

上の時事の記事にもあるとおり、「人種差別を助長する形での使用」については不適切であり「厳正に対処すべき」と明言している。

つまりは歴史的な「負の遺産」を正しく研究し考察を加えて未来に同じ過ちを繰り返さないための「反面教材」としての使用ならば良し、としているにすぎず、極めて常識的回答ではなかろうか。

俺から見れば、この質問主意書を提出した民進党議員もサヨク界隈も、安倍政権に「戦争屋」「極右」というレッテルを貼りたいがために何とか極端な事例を持ち出して牽強付会的に印象操作をしてるとしか思えない。

そんなことはもうとっくに、国民に見透かされており、それが政権や各党の支持率として如実に表れているのだと、どうして思い至らないのだろうか。

この野党の体たらくこそ、今の日本の悲劇である。
posted by 三四郎 at 17:55| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

無責任DNA

民進党の「保守系重鎮」と言われる長島氏が離党するらしい。共産党との共闘に異論があるためだそうだ。沈みかかった船からネズミが逃げ出す感があるが、同党の都連幹部は「無責任な人ばかり」と嘆いているという(読売電子版)

民進党都連幹事長を務める長島昭久・元防衛副大臣(衆院比例東京、当選5回)が離党する意向を固めたことを受け、7月に東京都議選を控える同党の都議や都連関係者に動揺が広がった
>「うちの党はもう終わりだ」。党勢が衰える中、都議選に向けて都連をまとめていかなければならない重要ポストを務める長島氏の離党のニュースを聞き、都議の一人は言葉を失った
>都議選を巡っては、民進党の公認候補36人のうち7人が離党届を提出している。別の都議は「今は誰が離党するか疑心暗鬼の状態だ。国会議員が離党届を出すことで、都議の離党の動きが加速する恐れがある」と語った
>長島氏は、都議選の公認候補だった自身の元秘書が離党届を出したことの責任を取る形で都連幹事長を辞任する意向を示していたが、今回、自らも離党する意向を固めた。ある都連幹部は「無責任な人ばかりだ」とあきらめがちに語った


長島氏の離党も、「無責任」と批判する幹部も、俺から見れば「何をいまさら」である。

「森友」で安倍政権を突いても一向に支持率が変わらないばかりか逆に民進党の支持率が日に日に落ちている。重要法案が目白押しな上に北朝鮮情勢も緊迫化している中、何ら建設的な議論も提案もできていない。その上「貧すれば鈍す」というか、テロ政党の共産党と組むという。この党が「終わり」なのは誰の目にも明らかだ。

そもそも二重国籍問題で国民に何ら説得力ある説明をしていない人間が代表に収まっているのだ。「無責任政党」の実態を体現しているわけで、この党が今後国民の支持を回復できるとも、ましてや政権に復帰できるなど、少しでも考える力があれば思えるはずがない。

所詮は選挙互助会、その価値がなくなれば崩壊は早い。次は小池新党に合流でもするつもりか。まともな野党よ出でよ。
posted by 三四郎 at 15:48| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする