2015年08月30日

戦力無き国の末路

戦後70年という節目を利用した「戦勝国」プロパガンダが彼方此方で喧しいが、ロシアもハバロフスクで「対日戦勝70年」の祝賀軍事パレードを行ったらしい(読売電子版)

>ロシアは29日、極東ハバロフスクで第2次大戦での対日戦勝70年を祝う軍事パレードを行った
>日本が降伏文書に署名してから70年となる9月2日には、サハリンなどでもパレードを予定している。プーチン政権は一連の行事を通じ、日本に対する「戦勝国」の立場を誇示する狙い
>タス通信によると、ハバロフスクでのパレードは中心部の広場で開かれ、1000人以上の軍人らが行進した。ハバロフスクに司令部を置く東部軍管区の司令官が、満州(現中国東北部)や南樺太(現サハリン南部)、北方領土で日本軍と戦ったソ連軍の功績をたたえた
>この軍事パレードは、ロシアの対日戦勝70年の行事の中では最初の開催。ソ連軍は1945年8月28日に北方領土の択捉島を占領しており、占領から70年のタイミングで戦勝行事を始めた形だ。択捉島はメドベージェフ首相が今月22日に訪問し、日本政府が抗議した
>プーチン政権は北方領土について、「第2次大戦の結果、ロシア(ソ連)の領土になった」と主張している。日本に対する勝利を祝うことで、こうした主張を正当化する狙いもある


「第2次大戦の結果」とロシアは嘯いているが、ソ連が対日参戦した1945年8月8日時点で日本は既に戦力も戦意もほとんど無くしていた。加えて日本は日ソ中立条約破棄通告後の有効期間内にソ連に対し終戦の仲介を依頼している。

そうした国際法の規定や二国間の信義を踏みにじり、大勢の決した時期に一方的に宣戦布告して占領したのが北方領土である。名ばかり、形ばかりの戦勝国が「第2次大戦の結果」を語ること自体笑止なことで、日本人の対露感情を悪化させる燃料となるしかないだろう。

それにしても思うのは、自らを防衛する力を失った国の哀しさだ。後ろ盾もなく翻弄される国家の現実を、日本人はそれこそ歴史に学ぶべきだろう。
posted by 三四郎 at 12:13| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

似ていることが全て

ベルギーの劇場ロゴに酷似していると話題になり、同劇場からIOCが提訴される事態になっている東京五輪エンブレム問題につき、今日東京五輪組織委員会が説明会見をした(@niftyニュース/共同)

>2020年東京五輪の公式エンブレムが劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、大会組織委員会は28日、記者説明会を開き、作者の佐野研二郎氏のデザイン原案を示した上で、「劇場ロゴとは全くの別物」として、盗用疑惑をあらためて否定した
>公表されたのは、コンペで選ばれたデザイン原案。東京の「T」を図案化したもので、日の丸の赤はエンブレム右下にあり、ベルギーの劇場名の頭文字「L」を想起させる形になっていない
>組織委の武藤敏郎事務総長は「原案には劇場ロゴとは異なる特徴がいくつもあり、オリジナルであると確信している」と述べ、デザインの独自性を強調した


この会見は俺もたまたま日テレニュース24で見ていた。確かに佐野氏の「原案」は「T」を角ばったイメージでデフォルメしており、この段階では類似性が低いように思う。

しかし素人考えであることを懼れずに言えば、劇場ロゴとの類似性が低い代わりにデザインとしては硬い印象で、洗練されたイメージも躍動感も感じない。生意気な言い方をさせてもらうと稚拙なやっつけ仕事のように見えてしまう。これがなぜ「1位」で通過できるのか理解できない。

ニコニコ動画の記者が「二位、三位の案を公表するべきではないか」と質していたが、委員会側は明確な理由も言わずに「公表はしない」と木で鼻をくくったような回答だった。

およそデザインコンペであれば、一位だけでなく最終選考に残った作品を公表し、作者たちや一般人に評価ポイントを伝えるべきではないか。せめて二位、三位を並立して示し、一般人にわかる言葉で説明すべきである。悪評の新国立競技場デザインコンペでも二位、三位は公表していたはずだ。

それをせずに「佐野氏の案が一番よかった」では訳が分からない。組織委の説明は「よかった理由」を縷々話しているが、比較対象が示されていないのでは理解も得心もできない。

そもそも類似性の低い原案を弄り回した結果、既存のデザインと酷似してしまったことに問題がある。デザインは結果である。既に佐野氏のオリジナリティは消滅しており、従って次点の作品を排除する理由が成り立たなくなっている。選考者は目に見えない「思想や展開力」を評価したというが、どうも俺には詭弁に聞こえる。

もし作成プロセスが全く異なれば既存のデザインと酷似しても問題ないというなら、およそ商標権や著作権などというものは無意味になってしまうのではないか。

組織委はあくまでもこのデザインに固執するようだが、第三者から見れば「似ていることが全て」である。ここまでケチがついたデザインを使い続けることは、東京五輪のイメージを毀損こそすれ向上させることはない。五輪の成功を願う一国民として「白紙撤回」してほしいと切望する。
posted by 三四郎 at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

村山氏の資格

中国の「抗日戦争勝利70周年記念式典」には49ヶ国が何らかの形で参加するらしい(読売電子版)

>中国政府は25日、9月3日に北京で開く「抗日戦争勝利70年」の記念式典に49か国が参加し、ロシアのプーチン大統領や韓国の朴槿恵大統領ら計30か国の国家元首・政府首脳級が出席すると発表した
>首脳級の参加は、中国と関係の深いアジア、アフリカの友好国が中心で、中露以外の国連安全保障理事会常任理事国である米英仏や日本は出席を見送った
首脳級の参加は外交的に蜜月関係にあるロシア、韓国のほか、中露と「上海協力機構」を構成するカザフスタンなど中央アジア4か国、ミャンマー、パキスタンなど伝統的友好国、南アフリカやアルゼンチンなど経済を中心に中国と親交を深める国が目立った。北朝鮮からは、金正恩第1書記の側近とされる崔竜海・朝鮮労働党書記が参加するとした
>30か国以外の19か国からは「政府代表」が出席し、フランスやイタリア、インドなどは閣僚級を派遣、英国は首相特使として元閣僚を参加させる。このほか、国際・地域機関からは、国連の潘基文事務総長ら10人が出席。米国やドイツ、カナダ、欧州連合(EU)からは中国駐在の外交使節が参加するとした。日本からは、村山元首相が出席するとしている


いろいろと突っ込みどころ満載のニュースだ。特に俺が注目したいのは2点。

第二位から言えば、本来日米と軍事的協力関係にあり、米国の同盟国でもあるはずの韓国が朴大統領という国家元首の参加とする一方、中国とは強固な政治的軍事的経済的盟友関係にあるはずの北朝鮮が「側近」とはいえ代理派遣であるということ。朝鮮半島を巡るパワーバランスの微妙な変化が感じられる。

筆頭は「日本から村山元首相が出席」というところだ。

安倍首相が出席を見送ったこの式典、表向きの理由はともかく、「抗日戦争」が中共のプロパガンダの場であることが本質だろう。そういう場に村山氏はどういう資格で出席するのか記事は書いていない。

政府の依頼に基づくものとも思えない。もし公式な「代理派遣」であれば村山氏よりも近い世代で年齢的にも無理のない首相経験者が適任だと思うのが自然だ。それがなぜ村山氏なのか。

もし村山氏自身の意思もしくは政治的に近い組織による派遣であれば、これは「元首相」の肩書を中共のプロパガンダに提供する売国的行為と言えるのではなかろうか。たとえ本人が「私人」と言い募ったとしても、「元首相」は事実である以上中共はこれを利用し喧伝するはずだ。

そうなれば日本は政府として参加を見送った友好関係に資するところの無い反日行事に、自らこれを反故にして参加することになり、国際社会に誤ったメッセージと不可解な国としてのイメージを与えることになる。

マスコミもさらっと「日本から」と書き流しているが、その認識の甘さ、意識の低さに改めて呆れるばかりだ。
posted by 三四郎 at 08:46| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

いつ撤退するの?

天津市の倉庫で大規模な爆発があり、その真相はおろか被害程度さえ明確になっていない状況の中、今度は山東省の化学工場で大規模爆発があったという(日経電子版)

>新華社電は23日、中国山東省●(さんずいに鯔のつくり)博市の化学工場で22日夜に発生した大規模爆発で1人が死亡、9人が負傷したと伝えた。有機化合物による有害なガスが発生しているとの情報があるが、市の環境保護当局は現時点で汚染物質の流出は確認されていないとした
>中国では天津市で12日に化学物質を保管していた倉庫が爆発し、120人以上が死亡したばかり。相次ぐ大規模爆発は中国の企業と行政による利益優先、安全軽視の体質をあらためて浮き彫りにした
>地元メディアによると、爆発した工場から約1キロの村では大気中に何らかの物質が漂い、住民は全員避難した。現場から5キロ先でも爆発の揺れを感じたという。工場は塗料などを生産していた
>●博市は天津の大規模爆発を受けて15日に「工場の安全操業徹底」を求める通知を発表。また山東省国土資源庁の幹部が17〜21日に同市を視察し、安全操業の徹底を指導していた


杜撰な安全管理と利益優先の体質が招いた中国企業の構造的な問題といえばそのとおりなのだろう。しかしこれだけ大規模な「爆発事故」が短期間に、それも化学系の貯蔵・生産施設で立て続けに起こるのは奇怪至極と考えるのはおかしいだろうか。

天津の爆発「事故」に対する政府の対応には周辺住民を中心に国民の不満が高まっているという。この処理を誤れば中央政府にも影響が出るのは必至だ。反中共勢力にとっては体制を瓦解させるまたとない機会だろう。

中共もメディアもテロのことはおくびにも出していない。これまでのところ犯行声明さえない以上、そしてまた日常的構造的な安全軽視の風潮がある以上、「事故」として処理されるのだろう。しかし反体制勢力が本当に中共を追い込むとしたら、半端なところで犯行声明など出して自己陶酔するよりも、第三第四の「爆発事故」を水面下で準備し実行すると考えはしないだろうか。

チャイナリスクに備えよという段階ではない。正体不明の事故の連鎖は物理的経済的リスクそのものである。仮にこれが安全軽視ゆえの事故だと片づけても、それはリスクの証明以外のものではない。

ここにきて中国から離れられない、離れようとしない外国企業はまともなリスク管理さえできないということを身をもって示すことになる。日本企業はいつ撤退するの? 今でしょ!(古っ)
posted by 三四郎 at 13:44| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

絶対わざとだ

中国のパソコンメーカー・レノボのパソコンに組み込みのソフトウェアに個人情報が流出する「欠陥」があったという(読売電子版/goo)

中国レノボ・グループのパソコン製品で、出荷時にパソコンに組み入れたソフトウェアに、個人情報が流出する可能性がある欠陥が見つかった
>国内では、2014年10月〜15年6月に製造・販売されたノートパソコン「YOGA3」の一部製品など16製品。同社はソフトを消すプログラムの無償配布を始めた
>レノボ日本法人によると、このソフトは購入後、最初に起動した時のみ作動し、パソコンの基本性能をレノボ社に自動的に送信する機能がある。しかし、海外の専門家が今年3月、このソフトが原因で、ウイルスに感染したり、パソコンを遠隔操作されたりする可能性があると指摘していた


他の国ならなるほど「欠陥」で落ち着くだろうが、何しろ中国メーカーだ。ネット監視や国際ハッキングなど日常茶飯事の国であれば、デフォルトで個人情報収集機能が組み込まれたとしても俺は驚かない。

海外専門家の指摘で公に見つかってしまい、慌ててかつ仕方なく対応しているとしか思えない。

日本メーカーでもメイドインチャイナは多いが、敢えて中国メーカーを選ぶことは避けるのが賢明なリスクヘッジというものだろう。
posted by 三四郎 at 20:16| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

懸念される二次災害

中国・天津の化学薬品倉庫での大爆発事故から4日になろうとしているが、いまだに収束したという宣言もなく、犠牲者の数が増え続けている。大気中には有害な化学物質が拡散しているとも言われており、情報の完全公開が求められるとともに、今後の二次災害の懸念も出ているようだ(読売電子版)

>中国天津市で12日深夜に起きた爆発事故は15日になっても完全には鎮火せず、小規模な爆発や発火が続いた
現場周辺の住民に一時避難指示が出るなどの混乱も起きている。爆発した倉庫に保管されていた大量の化学物質の一部は周囲に飛散したとみられ、大気や水が汚染されることへの懸念も強まっている
>市政府によると15日、事故による死者は104人に達した
>爆発した「瑞海国際物流有限公司」の倉庫は仕分け用で、中国紙・新京報によると、爆薬の原料となる硝酸カリウムや、水に触れると可燃性ガスが発生する炭化カルシウムなど16種類の取り扱いがあった。事故当時、具体的にどんな物質が保管されていたかは不明だが、中国紙・南方都市報は、河北省の化学企業が、倉庫に猛毒のシアン化ナトリウム700トンを保管していたと報じた


この事故、原因究明と管理体制の実態は今後の検証を待つしかないが、消火に当たった消防隊員には水によって可燃性ガスを発生する物質があるなどの重要情報が共有されていないなど、重大な人為ミスがあった模様だ。

中国の杜撰さと言ってしまえばそれまでだが、猛毒のシアン化合物が保管されており、それが飛散している可能性があるなど、今後地域社会にどこまでどのような形で被害が拡大するか予断を許さない状況だ。

この地域は聞けば外資系企業も多く進出し、中国経済において重要な位置を占めているらしい。今後の省、国レベルの対応如何では、外資の対中投資にも大きな影響を与えずにはおるまい。元の連続切り下げで国際社会の不信感を増幅させている中国にとり「泣きっ面に蜂」状態だろう。

日本企業の被害がどの程度になるかまだ想像もできないが、これは対中ビジネスを根本的に見直すいい機会と捉えるべきではないか。意図的な通貨操作や安全意識の欠如を押しのけてまでビジネスをする価値があの国にあるのか、事故処理のプロセスとともに注視熟考すべきであろう。
posted by 三四郎 at 16:47| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

安倍首相談話に思う

戦後70年に寄せた安倍首相の談話が昨日閣議決定され公表された。TV各社はニュース番組で繰り返し触れているが、専ら過去に対する「侵略、植民地支配、反省、謝罪」の文言が盛り込まれたか否か、どう盛り込まれたか、といった中韓の批判的視点に沿ったような矮小な議論と評価が目立つ。

米国は未来に向けた日本の立場に触れつつ概ね好意的に受け止めたようだ。中国は「直接のお詫びを回避した」と批判的に報じ、今後の日中関係の障碍にもならないが好転の助けにもならないという考えを示した。韓国は公式な論評についてはこれから検討としつつ、相変わらず「誠意がない」のやくざじみた科白を投げつけてきた

それぞれにほぼ予想された通りの反応だ。

俺としては可もなく不可もない、今の安倍首相の立場としてはあれが精々だったのだろうという感じだ。

歴史は正邪の二元論では片づけられない。加害者と被害者、勝者と敗者は時系列の中で逆転することもあり、被害者のふりをした加害者もまた存在する。しかしまた現在も日々新たな歴史がつづられ未来に続くものだとすれば、自らの名誉を回復しようとする行為には果断さと周到さが求められる。

そうした相反する要素を何とかバランスさせた談話という印象は強いが、単なる継ぎはぎではなく現下の国際情勢やこれを受けた安保法制論議にもつなげようとする苦心の跡が盛られる点で、確かに日本の名誉を守りつつ未来志向を滲ませた談話だと思う。

だが本音を言えば、どうせ何を言っても批判する者は批判する。聞く耳持たない者には秋の虫の声もただの雑音である。特に中国は「抗日戦勝利70周年」というプロパガンダを大々的に打っている年だ。そんなときに果たしていちいち「炎上ネタ」を与えるような談話を出す必要があったのかどうか、俺には疑問でもある。

安倍首相の政治理念や国家観には概ね俺も同調するが、だからこそ「急がば回れ」の精神的ゆとりをもって事に当たってほしいと感じる。
posted by 三四郎 at 07:39| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

法治の軽さ

韓国は「光復節」を前に6500人以上の犯罪者を特別赦免するらしい。その中には有力財閥のトップらも含まれているらしい。その理由が「経済立て直しと雇用創出のため」というからまた驚いた(読売電子版)

>韓国政府は13日、日本からの植民地支配解放を祝う15日の「光復節」を前に、6527人を対象に減刑などの特別赦免を行うと発表した
朴槿恵大統領は公約で、企業トップらに対する赦免を厳しく制限する方針を打ち出していたが、今回の対象には、系列会社の資金を横領したとして服役中の崔泰源SKグループ会長や、背任で執行猶予判決を受けた金玄中ハンファグループ副会長ら財界人14人も含まれており、論議を呼びそうだ
>法務省は「国家に貢献した功労や国民感情を考慮して厳正に選定した」として対象者を絞り込んだことを強調。朴大統領は13日の閣議で今回の特赦について「経済立て直し、雇用創出のため、一部企業家も対象にした」と述べた。韓国では歴代政権が、自分に近い政財界人の赦免を行ってきたとの批判が根強い


そもそも俺には「特赦」という制度が理解しがたいものがある。国家の一大行事や節目の年に当たっての「特別な」措置とはいえ、法の下に裁かれ量刑が確定した受刑者に対し、その受刑態度を鑑みての減刑や法的瑕疵に基づく量刑見直しなど合理的な理由なしに赦免するなど、法治をいうものを軽視した行為と思っている。

それが故に赦免の厳格化を公約に掲げてきたはずだろう。それをご都合で反故にするようでは結局歴代大統領と変わるところはないようだ。

しかも「経済立て直し、雇用創出のため」とは理由にもならない理由だ。犯罪者頼りの経済再建など、国として政府として無能であることを公言するだけでなく、意地もプライドも実は空っぽと白状していることになる。

「歴史」を置いておくとしても、かくもいい加減な国を信頼することができるだろうか。
posted by 三四郎 at 07:58| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

超えてゆくデッドライン

政治、経済の両面から中国への傾斜を加速してきた韓国だが、いよいよそのデッドラインを超えるようだ。かねて中国から参加を促されてきた抗日戦勝記念式典に、米国の反対を押し切って参加する肚を決めたようだ(読売電子版)

韓国の朴槿恵大統領が、北京で9月3日に開催される中国の抗日戦勝記念式典に出席する方向で検討を進めていると複数の韓国政府関係者が本紙に明らかにした
軍事パレードに出席する可能性もある。「良好な対中関係を維持する狙い」からだが、参加すれば日本や米国との摩擦が予想される
>朴大統領の式典出席については、3月にソウルで行われた中韓外相会談で王毅中国外相が尹炳世韓国外相に要請した。中国は、日本に対して歴史問題で韓国と連携した上、米韓同盟にくさびを打ち込む狙いがあるとみられる。米オバマ政権は朴政権に「(出席すれば)中国とともに日本を圧迫する形になる」と憂慮を伝えた模様。日本も反対の立場を伝えたが、韓国側は「日本を圧迫する狙いではない」と理解を求めたという


韓国的には内政とりわけ低迷する経済立て直しに中国への依存は必須で、何としても中国の機嫌をとっておきたい動機があるのだろう。また自ら捏造した「栄光の歴史」において「対日戦勝国」に名を連ねるという幻想に陶酔しているのかもしれない。何より中国は韓国にとって数百年来の宗主国である。靡くに心理的ハードルは低いのだろう。

だが日米からみればこれは敵対行為、ある種の裏切りともいえる。日米韓が連携して中国の膨張を抑えようという日米にとっては東アジアの外交・防衛の基本戦略を根底から覆すものだ。しかも今回、オバマ政権は明確に否定的発言を行った。つまりは「参加するな」と厳命したわけだ。

それを敢えて押し切る形で参加するとすれば、明らかに米国に反旗を翻す形になる。THAAD配備を言を左右にしてのらりくらりと誤魔化してきた態度とは比較にならない影響を引き起こすのではないか。

戦略が描けない天然の馬○国家なのか、永遠の大中華属国なのか、その本音は知る由もないが当事者として意識するにせよしないにせよ、韓国はデッドラインを超えようとしている。日本にとっては竹島不法占拠のこともある。この国、もはや公式に敵と見做すのが正しい。
posted by 三四郎 at 07:15| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

中国以下の日本メディア

中国は中共の一党独裁のもとに言論の自由がほぼ皆無であることは周知の事実だが、時と場合によっては日本メディアはそれ以下ではないかと思うことがある。これもその一つだ(Nifty NEWS)

>2015年8月3日、参考消息網は駐韓米軍慰安婦問題について報じた
>昨年末、英BBCはかつて駐韓米軍基地に設置された基地村で売春に従事していた122人の女性が韓国政府を告訴したことを伝えた。彼女たちは、政府が米軍相手に性を提供する行為を黙認、あるいは奨励していたと批判している。韓国が日本との間に慰安婦問題を抱える中、「韓国自身の慰安婦問題」についてもメディアの注目が高まっている
軍隊のあるところにはこうした施設が設営されてきた歴史がある。韓国の「基地村」は米軍キャンプと併設されてきた。かつてここで売春に従事した122人の女性が手を携えて訴えたのは、米国ではなく韓国政府だった。彼女たちは「慰安婦制度を通して政府は米軍の歓心を買っていた」と主張している
>ある女性は、よく「米ドルを稼ぐのは、国を愛し、勤勉に働く韓国人の証だ」と言われていたことを明かした。米ブルッキングス研究所のキャシー・ムーン氏も、韓国政府の役人が基地村を訪れ、「君たちの任務は米軍を喜ばせること。そうすれば米軍はずっと韓国にいてくれる」と売春婦を説得していたことから、韓国政府の関与と責任を指摘している


これはネットの世界ではかなり前から周知のニュースで、誰もが「知ってた」という類のものだ。いわゆる日本軍の「従軍慰安婦」とされる人物の「証言」にも、「クリスマス休暇」や「ジープに乗った」などどう考えても米軍相手としか思えない「証言」もある。

問題はこうしたニュースが国内レガシィメディア、特に大手のTV、新聞ではほとんど目にすることが無いということだ。あっても非常に微々たる扱いで、この種のニュースを積極的かつ継続的取り上げてきたのは俺の知る限り産経新聞くらいだろう。

日本が国際社会からかつて売春を強制した破廉恥国家という烙印を押されているときに、その反証事例の一つとしても日本メディアとして取りあげる義務があるのではないかと俺は思う。

ことが韓国に絡むだけに口をつぐんでいるのか、とすればその理由は何か。あるいはもっと別の理由からこれを取り上げないのか。日本人として関心を持たざるを得ないニュースに「報道しない自由」を行使する理由を、せめてメディアは説明してもらいたいものだ。
posted by 三四郎 at 01:00| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする