2015年08月10日

中国以下の日本メディア

中国は中共の一党独裁のもとに言論の自由がほぼ皆無であることは周知の事実だが、時と場合によっては日本メディアはそれ以下ではないかと思うことがある。これもその一つだ(Nifty NEWS)

>2015年8月3日、参考消息網は駐韓米軍慰安婦問題について報じた
>昨年末、英BBCはかつて駐韓米軍基地に設置された基地村で売春に従事していた122人の女性が韓国政府を告訴したことを伝えた。彼女たちは、政府が米軍相手に性を提供する行為を黙認、あるいは奨励していたと批判している。韓国が日本との間に慰安婦問題を抱える中、「韓国自身の慰安婦問題」についてもメディアの注目が高まっている
軍隊のあるところにはこうした施設が設営されてきた歴史がある。韓国の「基地村」は米軍キャンプと併設されてきた。かつてここで売春に従事した122人の女性が手を携えて訴えたのは、米国ではなく韓国政府だった。彼女たちは「慰安婦制度を通して政府は米軍の歓心を買っていた」と主張している
>ある女性は、よく「米ドルを稼ぐのは、国を愛し、勤勉に働く韓国人の証だ」と言われていたことを明かした。米ブルッキングス研究所のキャシー・ムーン氏も、韓国政府の役人が基地村を訪れ、「君たちの任務は米軍を喜ばせること。そうすれば米軍はずっと韓国にいてくれる」と売春婦を説得していたことから、韓国政府の関与と責任を指摘している


これはネットの世界ではかなり前から周知のニュースで、誰もが「知ってた」という類のものだ。いわゆる日本軍の「従軍慰安婦」とされる人物の「証言」にも、「クリスマス休暇」や「ジープに乗った」などどう考えても米軍相手としか思えない「証言」もある。

問題はこうしたニュースが国内レガシィメディア、特に大手のTV、新聞ではほとんど目にすることが無いということだ。あっても非常に微々たる扱いで、この種のニュースを積極的かつ継続的取り上げてきたのは俺の知る限り産経新聞くらいだろう。

日本が国際社会からかつて売春を強制した破廉恥国家という烙印を押されているときに、その反証事例の一つとしても日本メディアとして取りあげる義務があるのではないかと俺は思う。

ことが韓国に絡むだけに口をつぐんでいるのか、とすればその理由は何か。あるいはもっと別の理由からこれを取り上げないのか。日本人として関心を持たざるを得ないニュースに「報道しない自由」を行使する理由を、せめてメディアは説明してもらいたいものだ。
posted by 三四郎 at 01:00| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする