2015年08月15日

安倍首相談話に思う

戦後70年に寄せた安倍首相の談話が昨日閣議決定され公表された。TV各社はニュース番組で繰り返し触れているが、専ら過去に対する「侵略、植民地支配、反省、謝罪」の文言が盛り込まれたか否か、どう盛り込まれたか、といった中韓の批判的視点に沿ったような矮小な議論と評価が目立つ。

米国は未来に向けた日本の立場に触れつつ概ね好意的に受け止めたようだ。中国は「直接のお詫びを回避した」と批判的に報じ、今後の日中関係の障碍にもならないが好転の助けにもならないという考えを示した。韓国は公式な論評についてはこれから検討としつつ、相変わらず「誠意がない」のやくざじみた科白を投げつけてきた

それぞれにほぼ予想された通りの反応だ。

俺としては可もなく不可もない、今の安倍首相の立場としてはあれが精々だったのだろうという感じだ。

歴史は正邪の二元論では片づけられない。加害者と被害者、勝者と敗者は時系列の中で逆転することもあり、被害者のふりをした加害者もまた存在する。しかしまた現在も日々新たな歴史がつづられ未来に続くものだとすれば、自らの名誉を回復しようとする行為には果断さと周到さが求められる。

そうした相反する要素を何とかバランスさせた談話という印象は強いが、単なる継ぎはぎではなく現下の国際情勢やこれを受けた安保法制論議にもつなげようとする苦心の跡が盛られる点で、確かに日本の名誉を守りつつ未来志向を滲ませた談話だと思う。

だが本音を言えば、どうせ何を言っても批判する者は批判する。聞く耳持たない者には秋の虫の声もただの雑音である。特に中国は「抗日戦勝利70周年」というプロパガンダを大々的に打っている年だ。そんなときに果たしていちいち「炎上ネタ」を与えるような談話を出す必要があったのかどうか、俺には疑問でもある。

安倍首相の政治理念や国家観には概ね俺も同調するが、だからこそ「急がば回れ」の精神的ゆとりをもって事に当たってほしいと感じる。
posted by 三四郎 at 07:39| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする