2015年08月16日

懸念される二次災害

中国・天津の化学薬品倉庫での大爆発事故から4日になろうとしているが、いまだに収束したという宣言もなく、犠牲者の数が増え続けている。大気中には有害な化学物質が拡散しているとも言われており、情報の完全公開が求められるとともに、今後の二次災害の懸念も出ているようだ(読売電子版)

>中国天津市で12日深夜に起きた爆発事故は15日になっても完全には鎮火せず、小規模な爆発や発火が続いた
現場周辺の住民に一時避難指示が出るなどの混乱も起きている。爆発した倉庫に保管されていた大量の化学物質の一部は周囲に飛散したとみられ、大気や水が汚染されることへの懸念も強まっている
>市政府によると15日、事故による死者は104人に達した
>爆発した「瑞海国際物流有限公司」の倉庫は仕分け用で、中国紙・新京報によると、爆薬の原料となる硝酸カリウムや、水に触れると可燃性ガスが発生する炭化カルシウムなど16種類の取り扱いがあった。事故当時、具体的にどんな物質が保管されていたかは不明だが、中国紙・南方都市報は、河北省の化学企業が、倉庫に猛毒のシアン化ナトリウム700トンを保管していたと報じた


この事故、原因究明と管理体制の実態は今後の検証を待つしかないが、消火に当たった消防隊員には水によって可燃性ガスを発生する物質があるなどの重要情報が共有されていないなど、重大な人為ミスがあった模様だ。

中国の杜撰さと言ってしまえばそれまでだが、猛毒のシアン化合物が保管されており、それが飛散している可能性があるなど、今後地域社会にどこまでどのような形で被害が拡大するか予断を許さない状況だ。

この地域は聞けば外資系企業も多く進出し、中国経済において重要な位置を占めているらしい。今後の省、国レベルの対応如何では、外資の対中投資にも大きな影響を与えずにはおるまい。元の連続切り下げで国際社会の不信感を増幅させている中国にとり「泣きっ面に蜂」状態だろう。

日本企業の被害がどの程度になるかまだ想像もできないが、これは対中ビジネスを根本的に見直すいい機会と捉えるべきではないか。意図的な通貨操作や安全意識の欠如を押しのけてまでビジネスをする価値があの国にあるのか、事故処理のプロセスとともに注視熟考すべきであろう。
posted by 三四郎 at 16:47| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする