2015年08月30日

戦力無き国の末路

戦後70年という節目を利用した「戦勝国」プロパガンダが彼方此方で喧しいが、ロシアもハバロフスクで「対日戦勝70年」の祝賀軍事パレードを行ったらしい(読売電子版)

>ロシアは29日、極東ハバロフスクで第2次大戦での対日戦勝70年を祝う軍事パレードを行った
>日本が降伏文書に署名してから70年となる9月2日には、サハリンなどでもパレードを予定している。プーチン政権は一連の行事を通じ、日本に対する「戦勝国」の立場を誇示する狙い
>タス通信によると、ハバロフスクでのパレードは中心部の広場で開かれ、1000人以上の軍人らが行進した。ハバロフスクに司令部を置く東部軍管区の司令官が、満州(現中国東北部)や南樺太(現サハリン南部)、北方領土で日本軍と戦ったソ連軍の功績をたたえた
>この軍事パレードは、ロシアの対日戦勝70年の行事の中では最初の開催。ソ連軍は1945年8月28日に北方領土の択捉島を占領しており、占領から70年のタイミングで戦勝行事を始めた形だ。択捉島はメドベージェフ首相が今月22日に訪問し、日本政府が抗議した
>プーチン政権は北方領土について、「第2次大戦の結果、ロシア(ソ連)の領土になった」と主張している。日本に対する勝利を祝うことで、こうした主張を正当化する狙いもある


「第2次大戦の結果」とロシアは嘯いているが、ソ連が対日参戦した1945年8月8日時点で日本は既に戦力も戦意もほとんど無くしていた。加えて日本は日ソ中立条約破棄通告後の有効期間内にソ連に対し終戦の仲介を依頼している。

そうした国際法の規定や二国間の信義を踏みにじり、大勢の決した時期に一方的に宣戦布告して占領したのが北方領土である。名ばかり、形ばかりの戦勝国が「第2次大戦の結果」を語ること自体笑止なことで、日本人の対露感情を悪化させる燃料となるしかないだろう。

それにしても思うのは、自らを防衛する力を失った国の哀しさだ。後ろ盾もなく翻弄される国家の現実を、日本人はそれこそ歴史に学ぶべきだろう。
posted by 三四郎 at 12:13| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする