2015年09月14日

一度でもしたことがあるか

安保法制採決が山場を迎えよとしているが、反対派は相も変らぬ「戦争法制」だの「安倍=ヒトラー」といった類の安直なレッテル貼ばかりで建設的かつ本質的な議論で対峙していない。上っ面だけの「似非平和主義」を叫ぶほかに何もしていない(Nifty news/共同)

>参院で審議が続く安全保障関連法案に反対する市民団体が13日、広島市中区の公園で集会を開き、主催者発表で約7千人が「NO WAR NO ABE」の人文字をつくり、抗議の声を上げた
>市民団体は「ストップ!戦争法ヒロシマ集会実行委員会」。被爆者や大学生、小さな子どもの家族連れなども参加し、「9条守れ」「戦争NO」などのプラカードを掲げて「私たちの思い国会に届け」と叫んだ
>2児の母である広島市の内野知恵さん(29)は「子どもたちを戦地に行かせるわけにはいかない。過去から武力で平和はつくれないと学んだはずだ」と訴えた


聞く耳持たないことを承知で、敢えて問いたい。真に反戦平和を願うのであれば、現に東シナ海や南シナ海で軍事行動を展開して周辺国を威嚇し、国内にあってはチベット・ウィグル民族を圧迫し続ける中国を、あなたがたはどう考えるのか。一度でも中国に抗議し、その恫喝的な軍事的威嚇に対し、正義と道理に基づく抗議行動をしたことがあるのかと。

日本が、安倍政権がいったいどんな軍事的威嚇行動を国際社会に対して問ったのか、それも問いたい。今この時代にあって、アジア諸国の真の脅威はいったいどの国なのか、それも問いたい。

俺は安倍氏を全面的に支持する者ではないが、少なくとも日本の首相としてこの時代、やるべきことをしている。現実の問題を敢えて見ようとせず、時代に合わなくなった70年前の借り物憲法に固執して日本を丸腰におくことが正しいことかのように先導するあなた方は、一体孫子の世代に責任を負えるのかを問いたい。

安倍政権に百回の抗議デモを行うのは自由だ。しかし我が国に対する否、周辺諸国に対する明白な脅威となっている中国の行動に対して、一度でも抗議と反対の意思表明をしたことがあるのか。それができないならば「反戦平和」とやらは単なる反日・反安倍のプロパガンダに与する以上の意味も意義もない。
posted by 三四郎 at 07:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする