2015年09月19日

正義を語る資格

昨日の続きになるが、時節柄安保法制の話題を。

中国が日本の防衛活動の自由度を増す安保法制に反対するのは今更論だが、新華社は言うに事欠いて「日本は戦後の平和主義を破棄した」と論評、というか感情的反発を示している(楽天ニュース/共同)

中国国営通信、新華社(英語版)は19日未明、安全保障関連法の成立を「日本は戦後の平和主義を破棄した」と速報した。これに先立ち「日本が戦後国際秩序に挑戦していると思うのは理にかなっている」との論評も配信した
>中国外務省の洪磊副報道局長も同日、「戦後日本の軍事・安全保障分野でかつてない行動だ」と警戒を呼び掛ける談話を発表。「日本は軍事力を強化し、専守防衛政策を放棄するのではとの国際社会の疑念を引き起こしている。日本に、国内外の正義の叫び声を聞き、歴史の教訓をくみ取るよう促す」と述べ、歴史問題と絡めて日本を批判した


昨日と同じような感想だが、現在進行形で軍事力を強化し周辺国との軋轢を高めている中国は、とうの昔に、否そもそもの始めから「専守防衛」など眼中にないではないか。

今日の日本への度重なる領海侵犯やガス田の一方的開発は言うに及ばず、チベット・ウィグル民族への迫害、文革・天安門での自国民への弾圧、朝鮮戦争の介入、東南アジア諸国との領土紛争等々「戦後の平和主義」とやらを揺さぶりつづける行為を挙げだしたらキリがない。中国のような国の存在こそが、日本の危機感を高め防衛力強化に突き動かしているのが現実だろう。そんな国に「正義」を語る資格はない。

しかしながら、英語版で速報を世界に発信するプロパガンダ能力は大したものだ。現実的に今回の安保法案を正面から批判するのは中国と南北朝鮮くらいのものだが、日本は元来情報戦に弱い面があるので、第三国に潜在的な懸念を持たせることの無いよう、速やかかつ継続的な国際広報を行う必要はあろう。
posted by 三四郎 at 11:01| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする