2015年09月26日

教育を堕落させるもの

安保法制の国会審議期間中、国立大学の教育学部教授が学内メールを使って私的な政治活動をしていたという(読売電子版)

奈良教育大(奈良市)は25日、教育学部の教授が今月15日に学内のメールシステムを使い、国会で審議中だった安全保障関連法案への反対署名を呼び掛けるメールを、学生と教職員全員に送信していたと明らかにした
>大学は、システムの私的利用を禁じた学内の利用規則に反するとして、教授を口頭注意した
>同大学総務課によると、送信したのは男性教授(50)。15日午後10時頃、「現在参議院で審議されている『平和安全法制整備法案』の成立に反対し、廃案・撤回を求めます」とする教員有志14人の声明文と、賛同の署名を求めるメールを教育学部の学生や大学院生、教職員計約1470人に一斉送信。学生ら約130人が署名に応じたという
>男性教授は読売新聞の取材に、「緊迫する国会を見過ごせないと思った。時間がなく、システムを使って送信したことは反省している」と話している


自分の主張を通すためなら足元のルールさえ破るような人間が教育学部の、それも国立大の教授とはいかにも情けない。大学側は「システムの私的利用を禁じた学内の利用規則」違反として口頭注意したらしいが、少し軽すぎないか。

そもそも国家公務員が事業所内で特定の立場に立った政治的行動をとること自体、教育の場でなくとも許されるものではない。まして国の未来を担う教育を学ぶ場である。実にその立場を弁えない愚かな行為というしかない。

それに対する罰が「口頭注意」だとすれば大学側の認識もまたその程度ということだ。しかも弁明が結局「時間がなかったから」ではまるで子供である。これが日本の国立大の教育学部のレベルとは嘆かわしい。

それにしても、メールの「呼びかけ」に応じた者が10%に満たなかったというのは安堵すべきか、それともこんな愚行に応じる愚か者が10%近くいたことを懸念すべきか、は悩ましいところだ。いずれにせよ教育の堕落の淵源の一端であることは間違いないのだが。
posted by 三四郎 at 16:53| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする