2015年10月04日

ダメ政治家の見本

一瞬何のことか分からなかった。古いニュースのヘッドラインかなと思ったがそうでもないようだった。民主党・岡田代表が安倍首相の「戦後70年談話」について国会で真意を説明せよといったとかいうことらしい(NHK NEWSWEB)

民主党の岡田代表は、安倍総理大臣がことし8月に発表した戦後70年にあたっての談話について、安倍総理大臣自身の過去の戦争についての考え方が明確には盛り込まれておらず、抽象的だとして、安倍総理大臣は談話の真意について国会で説明すべきだという考えを示しました
>民主党の岡田代表は2日の記者会見で、安倍総理大臣がことし8月に発表した戦後70年にあたっての総理大臣談話について、岡田氏みずからの見解を発表し、「70年以上前の戦争に関して、しっかりとした安倍総理大臣自身の考え方が示されなければならないが、今回の70年談話は、いろいろな過去の談話を引いてはいるが、残念ながら、安倍総理大臣自身がどうお考えなのかということが注意深く避けられていると思う」と述べ、安倍総理大臣自身の過去の戦争についての考え方が明確には盛り込まれておらず、抽象的な内容だと指摘しました
>そのうえで、岡田氏は「根本にある『村山談話』は、引き続き重要な談話として政府が継承していくものだと思うが、もし、安倍総理大臣が、みずからの抽象的な70年談話で過去の談話を置き換えたというならば非常に問題だ。談話を出して終わりということではなく、どこかで議論すべきだ」と述べ、安倍総理大臣は、談話の真意について国会で説明すべきだという考えを示しました


このニュースの率直な感想は「今頃何言ってんの?」というところだ。

時は今、夏終わり秋も深まる神無月。すったもんだの「安全保障法案」さえ可決成立したこのときに至るまで、この御仁は何を考えていたのだろうか。「自らの見解」とやらを発表するのに2か月もかけているのは、多忙なのか無能なのか。

どこの政治家が、自らの発言について失言や失策もないのに追加説明をする必要があるのか。首相談話ともなれば信条を明瞭に示せばいいというものではない。「何を言っても批判される」ような環境にあって直截的な表現を避けながら、日本の主張を示すという高度な政治性が求められる。

反日国であれ親日国であれ、政治とはそういうものだという認識があるから、「分かりにくい。本音をきちんと説明しろ」などと幼稚なことは言ってこない。それぞれの立場と考え方で解釈し、歓迎しあるいは批判する。

岡田氏はよく「頑固で融通が利かない、生真面目人間」と評されることがあるらしいが、上の発言を本気でしているとすれば政治家に、ましてや野党第一党のリーダーには向かない。今すぐお辞めになった方がいいと思うが。
posted by 三四郎 at 15:56| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする