2015年10月10日

最低限の仕事

「世界の警察官」の役目を自ら降りて専ら「口先番長」になりつつあるオバマ米国だが、さすがにここ最近の中国の横暴振りに危機感を募らせたか、南シナ海スプラトリー諸島で中国が岩礁を埋め立てた周辺海域に米艦船を通過させる構えを見せているという(楽天NEWS/読売)

>英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は8日、米政府が今後2週間以内に、中国が岩礁を埋め立てて軍事拠点化を進めている南シナ海・スプラトリー(南沙)諸島の人工島の12カイリ(約22キロ)内で、米海軍の艦船を航行させる構えだと報じた
>米政府高官の話として伝えた
国際法では海岸線から12カイリを領海と定めており、同紙は「中国の領有権主張を認めない姿勢を示す」狙いだと指摘している。米国は2012年以降、南シナ海で中国が実効支配する岩礁の12カイリ内では活動していなかった
>米海軍情報に詳しい専門紙ネイビー・タイムズ(電子版)も8日、演習が「数日以内に行われる可能性がある」と伝え、「海軍はオバマ政権の最終的な承認を待っている」と報じた


中国は当該海域周辺国はもとより国際社会の反対、懸念を押し切る形で岩礁の埋め立てを強行してきた。その姿勢は周辺国にとり本質的に戦争行為であり、第三国にとっては航行の自由を脅かす威圧行為である。到底話し合いで解決できるものではなく、行動には行動を伴って批判しなければ相手には通じない。その間に相手は既成事実を積み上げて既得権化してしまう。

その意味で、これが実行されれば米国は国際秩序を維持するために、自由社会のリーダーとして最低限の仕事をすることになる。

中国という国は、大言壮語で周辺国を恫喝しつつ、国際社会の反応を伺いながらそろりとしかし着実に既成事実を積み上げていく習性がある。特に利害相反国が弱小国であったり、口先だけで何ら実行をしえないと侮ればこれを無視し中華意識を露骨に出して覇道を行く。この国に抑制を求めるためには相応の覚悟を伴った行動こそ重要である。

ただ注意すべきは、謀略と挑発に長けた国柄であることを忘れず、彼我の行動は逐一記録し公開することで、国際社会の批判を逆に浴びないような配慮は必要だろう。
posted by 三四郎 at 08:01| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする