2015年10月11日

学問的論争を仕掛けよ

中国が「南京大虐殺」の資料を世界記憶遺産に登録申請していた件が承認されたらしい(@Niftyニュース/共同)

>国連教育科学文化機関(ユネスコ)は10日、旧日本軍による南京大虐殺に関する資料を世界記憶遺産に登録したと発表した。中国は従軍慰安婦問題の資料も登録申請していたが、見送られた
中国が「旧日本軍の犯罪」の記録と主張する資料がユネスコによって「世界的に重要」と認定されたことになり、習近平指導部は歴史問題をめぐる対日攻勢を一層強めそうだ
>中国は「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年」と位置付ける今年の登録を目指して昨年申請。日本政府は「ユネスコの場を政治的に利用している」と批判し、中国に抗議。申請の取り下げを求めたが、中国は拒否していた


これにつき日本政府は相も変わらず「遺憾砲」という空砲を撃つのみ(@Niftyニュース/時事)

>外務省は10日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が南京事件に関する資料を世界記憶遺産に登録したことについて、「中国の一方的な主張に基づき申請され、文書は完全性や真正性に問題がある。中立・公平であるべき国際機関として問題であり、極めて遺憾」とする報道官談話を発表した
>談話はさらに「ユネスコの重要な事業が政治利用されることがないようしかるべく制度改革を求めていく」と強調した


登録された資料の内容はよくわからないが、この「大虐殺」自体、疑問・疑念が多く、かつて「証拠」とされた記録写真の多くが偽造とされていることも周知の事実である。

そのような瑕疵の多い案件をなぜ登録させてしまったのか、日本政府の「抗議」と反対行動のプロセスは検証されなければならない。「遺憾」では済まされないのだ。

ユネスコに制度改革を求めるのは結構だが、国連機関である以上限界があることは予想される。他力本願ではだめで、同時に日本としてはこの「事件」がいかに欺瞞と悪意に満ちた産物であるかを、学問的科学的に論争を仕掛けるべきではないか。

既に政治的には負けているといってもいいだろう。しかし日本として沈黙を続けることは潔さではなく、「戦わずして負ける」ことでありプロパガンダに屈することである。日本に対する悪しき前例の積み上げとなる。これを阻止することは、凡そ日本の為政者、学識者の義務である。これは「従軍慰安婦」にも通じるものであり、長期戦かつ総力戦と認識すべきだろう。
posted by 三四郎 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする