2015年10月24日

偽りの不偏不党

NHKの受信料問題については、その番組内容の偏向姿勢が絡みながら予てより議論が絶えないところだ。そんな中で自民党が受信料義務化を検討する提言をまとめ、これを受け総務省は近く有識者検討会初会合を開くという(読売電子版)

>総務省は23日、NHK受信料の問題など、放送を巡る課題を議論する有識者検討会の初会合を11月2日に開くと発表した
自民党の小委員会が9月、NHK受信料の支払い義務化を検討するよう求める提言をまとめており、検討会も義務化の是非を含め、受信料の公平な負担のあり方を議論する。来年6月をめどに結論をまとめる


これから議論を開始するということなので行方を見守りたいところだが、自民党の提言が「自由化の検討」でなく「義務化の検討」というところに何やら「結論ありき」になりそうな危惧を覚える。

世界的にネット社会となり、通信と放送の垣根が低まりつつあるなかで、多様なメディアが多様なコンテンツを提供する時代だ。特に優良な、あるいは人気の高いコンテンツには課金されるしくみが定着化している。

しかしそれは見る側に選択権があることが大前提で、見たくもないコンテンツに金を出して見る暇人はいない。例外は精々がマーケティングや研究のため、要は業務と割り切って視聴するケースだろう。

そう考えるとこの時代に、TV受像機を持っているという理由だけで特定のチャンネルに対し視聴料を義務的に収めさせるなど時代錯誤なしくみとしか言いようがない。あるいは視聴者の権利である選択の自由を奪う暴挙と言っていいのではないか。

今検討すべきはNHK受信料の義務化ではなく自由化であり、そのための技術論や法人としてのNHKの経営のあり方ではないか。

持論だが、NHKのような曖昧な法人格は廃止、組織は解体し純民間会社に改組、また別に国営放送として日本の立場を広報する局を開局し国税を充てるほうがすっきりすると考える。

金を払ってまで偽りの不偏不党に付き合う気はない。それだけだ。
posted by 三四郎 at 13:53| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする