2015年10月29日

国連の杜撰体質

国連といえば最近は「世界歴史・記憶遺産」で関係国が紛糾し、いまや中韓人材に乗っ取られた観を呈しているが、もともとその運営はかなり恣意的で杜撰なもののようだ。

特に対日認識となると「従軍慰安婦」のクマラスワミ報告のごとき出鱈目がまかり通るなど、「声の大きい」者の意見をそのまま取り入れてその調査検証能力のお粗末さ、認識の浅さを露呈している。

そういう国連がまた、対日関係報告で出鱈目をやらかしたらしい(楽天NEWS/J-CASTニュース)

国連の児童ポルノ問題の専門家が「現在、日本の女子学生の30%が援助交際をやっている」と発言した
>本当だとすれば、驚くべき高い割合だが、こうした調査は最近行われていない。根拠のない発言は国際問題だ、という批判も出て、大きな波紋を広げている
国連「子どもの売買、児童買春、児童ポルノ」特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏は2015年10月26日、日本記者クラブで記者会見し、日本の子どもがさまざまな形の「性的搾取」の危険にあう可能性があると指摘。その上で「現在、女子学生の30%が援助交際をやっていると言われている」と述べた
>にわかには信じられない高い割合だが、会見で数字の根拠は問われず、ブーア=ブキッキオ氏からもどんな調査にもとづくのか説明はなかった
J-CASTニュースが日本の国連広報センターに確認したところ、実は「30%」ではなく「13%」の誤りだったと訂正された。通訳の勘違いということらしいが、本当かどうかは微妙だ
>また、会見で話した内容は彼女が日本滞在中に面会した関連団体などの調査にもとづくものだとしたが、具体的にどういう調査か把握していなかった。また、会見の内容はあくまで彼女の見解で、国連の正式なものではないという
>はたして、彼女は何を根拠にしているのだろうか。J-CASTニュースは女子中高生らの援助交際について実態調査を実施したのか、文科省や警察庁に問い合わせたが、いずれも把握していないという。東京都の教育委員会など関連しそうな部署にも問い合わせたが、回答は同様だった。「そんな調査が行われていると聞いたことはない」と語る担当者もいた
>ようやく見つかったのは、1996年東京都生活文化局の調査だ。男子を含む当時の中高生を対象にしたもので援助交際を経験したことがあると回答したのは3.3%だった。また97年のベネッセ教育研究所の調査では女子が対象で4.4%だった。どちらも今から20年以上前のものとはいえ、ブーア=ブキッキオ氏の発言とは大きな開きがある
>発言は波紋を広げている。参院議員の山田太郎氏(日本を元気にする会)は10月27日、自身のツイッターで「漫画、アニメの件も含めて追及していきます。これは国際問題です」と指摘。また、山田議員のサイトでは、「事実誤認であれば、きちんと事実を伝えることの約束を外務省の担当者から取り付けました」と報告している


根拠を説明できない発言を公の場で堂々と行って憚らない国連担当者とは何者だろうか。この人物の出自や意図、政治的背景の有無は不明だ。

従ってそれこそ憶測でしかないが、子供たちが日本で「性的搾取」に会う危険があるという表現が、何やら「従軍慰安婦問題」を連想させる意図を感じてしまう。悪名高き「クマラスワミ報告」を出した国連という目で見れば、そこには反日国の操作が絡んでいると疑わざるを得ない。

もしそんな関係は一切ないとすれば、改めて国連という組織の運営の杜撰さ、無責任さを世界に示したことになる。こんな組織に日本は多大の資金を拠出しているのだから、馬鹿馬鹿しいを通り越して日本のお目出度さに涙が出てくる。

「事実誤認であれば、きちんと事実を伝えることの約束を外務省の担当者から取り付け」るなど当たり前のことで、厳重な抗議とともに公式な謝罪声明を求めて然るべきだろう。

それとともに、調査検証能力の高度化中立化、関係人材の選考方法見直しなど、国連の機能改革を訴えることも必要だ。

もっとも、「戦勝国クラブ」にすぎない国連の改革など無理と割り切って、新たな国際的枠組みを有志と構築する戦略に早々に舵を切るほうが賢明かもしれぬが。
posted by 三四郎 at 08:05| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする