2015年10月30日

底なし

旭化成建材の杭打ちデータ流用問題はまさに「底なし」の様相を呈してきた。30日に行うとしてきた社内調査の進捗状況公表を「作業難航」のため中止するという(読売電子版)

>旭化成建材による杭打ちデータ流用問題で、社内調査の進捗状況を30日に公表するとしていた同社親会社の旭化成は同日夕、「確認・照合作業が難航し、報告内容をまとめることができない」として、公表を中止すると発表した

短信ながら、この問題の深刻さを改めて想起させるニュースだ。

既に周知のとおり、同社の「データ流用」事案は、件の三井不動産レジデンシャル物件のほか、他の横浜市や北海道の公営住宅でも確認されているという。

日本の建築に対する安全・安心の信頼感を根底から揺るがす問題だけに、公表には混乱やパニックを惹起しないよう慎重な調査が求められることは当然ではあるが、同時にまた迅速な確認が、国民の安心といつ襲うか知れぬ地震等大規模災害への備えにも通じることも忘れてはならない。

それだけにこのニュースは、データの流用が過去長期にわたり広範囲に常態的に行われていたのではないか、と国民に疑心暗鬼を起こさせるに十分だ。しかも「延期」でなくて「中止」である。裏では一体何があったのかと不安にならない方がおかしい。

もしかしてヒエラルキーの頂点にある不動産会社を含めた関係各社は既に情報を共有し、責任を擦り付け合う時間稼ぎに付き合わされているのではないか、とさえ疑う。

正直なところ、少なくとも俺の中では建築業界への信頼感は相当崩れている。正しい情報を包み隠さず速やかに公表し、住民に対し誠実な対応を行動に移すことだけが、日本企業の矜持とブランドを守るものだと心してほしい。
posted by 三四郎 at 19:05| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする