2015年10月31日

戦略なき対症療法

日本政府はユネスコに日本人委員を送り込み、発言力を高めようとしているらしい(読売電子版)

>政府は30日、世界記憶遺産の審査に影響力を持つ国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)のアジア太平洋地域委員会に、日本人委員を送り込む方針を固めた
>日本がユネスコに慎重な対応を求めたにもかかわらず、中国が申請した「南京大虐殺の文書」が世界記憶遺産に登録された教訓を踏まえた。政府は委員派遣を通じ、審査過程における日本の発言力を高めたい考えだ
>ユネスコの記憶遺産には〈1〉世界〈2〉地域〈3〉国内――の三つのレベルがある。審査は各レベルの委員会で個別に行われる。世界レベルの場合は、14人で構成される国際諮問委員会が審査し、ボコバ事務局長に登録を勧告する。ただ、諮問委員の選考基準は明らかでなく、日本が委員の派遣を申し出ても、受け入れられる保証はない


まあ、その志というか思いは多とするも、正直なところ実効性は疑わしい。中韓に阿る事務局長が任命する委員会であれば、まず採用されるかどうか疑わしい。採用されたとして、一人や二人の発言力がどの程度の影響力を持つか。これまた事務局長が恣意的に判断すれば徒労に終わる。その場合、日本の権威さえ失墜しかねない。

結局、委員を派遣するというのは小手先の対症療法に過ぎない。それよりも日本は資金拠出の停止と歴史や記憶に関する世界遺産の指定を返上することで、抗議の意思と筋目を通す方が有効なのではないか。「怒るべき時には怒る」という姿勢が大事だろう。

無論、単にそれを行うだけでは中韓のプロパガンダに利用され、日本が国際世論に逆行して孤立化しているというイメージを負わされるだけになりかねない。

そのためにも、中韓の主張には何ら根拠も学問的意味もない政治的行動であることを理路整然と国際社会に向けて発信するステップが必要だ。当然そこには現在のユネスコの欺瞞性も問題提起することもセットで求められよう。

そういう戦略性を持ったメリハリある活動こそ日本がこれまで最も等閑にしてきたものだ。多難な道ながら立ち往生するわけにはいかない。
posted by 三四郎 at 17:06| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする