2015年12月12日

馬○は△ななきゃ治らない

「河野談話」という最悪な談話で日本の足を引っ張り続ける河野洋平氏が、相も変わらず「従軍慰安婦」に関してズレまくった発言をしているようだ(読売電子版)

河野洋平元衆院議長は11日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、日韓両国で対立が続く慰安婦問題について、「(アジア女性基金など)できるだけのことをしたつもりだが、納得をもらえなかったことは非常に残念だ」と述べた
>一方で、「慰安婦の人たちの心情を考えれば、納得できるところまでできる限り努力するのは(日本として)当然の務めだ」と語った
>中国が南シナ海で人工島の造成を進めていることについては、「国際的な常識を踏まえた行動をしてほしい」と注文した


記事中の発言を読んで思うのは、この人物は政治かとしてつくづくと無能な、無能といって悪いならナイーブな人間だということだ。

「納得してもらえなかった」など当たり前のことで、敵は事実と道理に基づき日本を批判しているのではなく、捏造と歪曲によるプロパガンダで日本を政治的に追い詰め、国際的影響力を殺ごうという目的のもとに行動しているのだ。最初から道義、道理や誠意が通じる相手ではない。

それに「慰安婦」の心情に寄り添いこれを保護、支援する責任は一義的に韓国政府にある。日本は人道的観点から基金をつくり支援してきた。それ以上のことをする義務は法的にはもちろん道義的にもない。

そもそもこの問題で「相手が納得するまで努力する」とは、動くどころか元々ないゴールに向かって彷徨することに他ならならない。納得するしないは相手の勝手だ。「仏の顔も三度まで」、政治家ならいい加減に言うべきことを言い、拒絶すべきは拒絶するときだろう。

それにしても最後に中国に「常識」を期待するとは。あぁ、○鹿は△ななきゃ治らないのか。
posted by 三四郎 at 11:31| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする