2015年12月13日

臭い話

韓国人によるとみられる靖国神社爆発事件は、容疑者の言動に一貫性がなく日本や韓国それぞれの立場で見解が入り乱れているようだ。しかし状況証拠のみならずDNA鑑定でも件の韓国人による犯行であることを示している。

当然のごとく韓国では「日本の右翼」による「自作自演説」が飛び交っている。しかしこれだけの証拠を敢えて置くとしても、真の右派、愛国者がよりにもよって靖国神社を毀損することは想像できない。

そんな中で今度は横浜の韓国総領事館の駐車場に排泄物が置かれており、ご丁寧に「靖国爆破への報復です」と日本語で書かれた紙が貼ってあったという(@niftyニュース/共同)

>12日午前9時15分ごろ、横浜市中区山手町の韓国総領事館で、男性職員が不審な箱を見つけ、総領事館正門で警戒中の警察官に伝えた。総領事館によると、見つかったのは駐車場で、箱に貼られた白い紙に「靖国爆破への報復です」と日本語で書かれ、中に人間の排せつ物らしきものが入っていた
>神奈川県警は、威力業務妨害や軽犯罪法違反の疑いで調べる方針。東京都千代田区の靖国神社の公衆トイレで爆発音がした事件に絡み、韓国人の男が建造物侵入容疑で逮捕されたことに関連した嫌がらせの可能性がある


実に臭い話だ。

まずやり口が日本的というよりいかにも韓国風だ。嫌がらせや怒りの表現として排泄物等の汚物を撒くなどの行為は、しばしば韓国内のニュースで見聞する。

靖国爆発事件後、韓国世論は反省するどころかむしろ容疑者逮捕を非難し、「日本人の報復が怖い」などと自ら被害者側に立とうとしている。それを強化するには格好な「ネタ」になる。眉に唾して続報を待ちたいものだ。
posted by 三四郎 at 08:00| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする