2015年12月19日

阿吽の愚

産経新聞前ソウル支局長に韓国司法が無罪判決を出した。この件、「日韓関係に配慮するよう」韓国外務省が韓国の裁判所に要請していたという。何とも出鱈目な話だ。

そもそも韓国メディアの記事をソースにしていながらそちらはお咎めなしで、日本の保守的メディアのみをターゲットにするという極めて政治的、というより恣意的な告訴である。韓国のしていることはマッチポンプというにも足りない、「言いがかりをひっこめてやるから関係をよくしろ」というヤクザレベルのものでしかない。

そんなことを承知の上か、相変わらず自民党内の韓国利権議員たちは「これを機に関係改善を」と蠢動しているようだ(読売電子版)

>日本と韓国が国交を正常化した1965年の日韓基本条約発効から、18日で50年を迎えた
>韓国の朴槿恵大統領への名誉毀損罪に問われた産経新聞前ソウル支局長に無罪判決が出たことを受け、関係改善に期待感が高まっているが、慰安婦問題などの根深い対立の解消は容易ではなさそうだ
>菅官房長官は18日の記者会見で、「この50年間、両国の対話と交流、協力は飛躍的に発展してきた。今後とも未来志向、重層的な関係を構築すべく、両国で努力していく」と強調した
自民党内では無罪判決を慰安婦問題や韓国人元徴用工の訴訟問題などの打開に結びつけるべきだとの意見が出ている。二階総務会長は記者会見で、「韓国が良識ある判断をしたので、日本もそれ相応の対応をすることが大事だ」と述べた


「無罪判決が出たことを受け、関係改善に期待感が高まっている」とはいったい誰の間で高まっているのか、主語がないから分からない。少なくとも道理を弁えた普通の日本人なら、裁判は裁判、外交は外交と切り離すべきで、こんなことで「外交取引」などすべきではないと思うだろう。そもそもが冒頭述べた通りの出鱈目告訴なのだから。

それに引き換え二階氏など自民党内の親韓議員の反応は韓国政府との「阿吽の呼吸」に見える。やはりこやつら、取引前提の裏工作に勤しんでいたに違いない。分かりやすすぎていっそ愚かしい。

こんな道理に合わない売国議員の地元選挙民は覚醒と猛省と行動を促したい。
posted by 三四郎 at 12:57| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする