2015年12月28日

盗人に追い銭

日韓外相会談で「従軍慰安婦問題」について「合意」がなされた模様だ(日経電子版)

>岸田文雄外相は28日午後、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談終了後の共同記者発表で、旧日本軍による従軍慰安婦問題について「当時の軍の関与のもとに多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、日本政府は責任を痛感している」と述べた
>「安倍晋三首相は日本国の首相として、改めて慰安婦としてあまたの苦痛を経験され心身にわたり癒やしがたい傷を負われた全ての方々に心からおわびと反省の気持ちを表明する」と語った

また金銭的「賠償」については10億円規模の基金を設立するとしている(日経電子版)

>岸田文雄外相は28日午後、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談終了後の共同記者発表で、旧日本軍の元従軍慰安婦を支援する10億円程度の新基金を設けると表明した。「日本政府の予算で全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる」と強調。「韓国政府が財団を設立し、日本政府の予算で資金を一括で拠出し、両政府が協力し全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしのための事業を行う」と述べた
>岸田外相は「日本政府は韓国政府とともに今後国連など国際社会で互いに非難、批判することを控える」と指摘。「日韓関係が新時代に入ることを確信している」と語った


そしてこれらの合意を踏まえて、韓国はこの問題を蒸し返さないことも公表された(日経電子版)

>岸田文雄外相は28日午後、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との会談終了後の共同記者発表で、旧日本軍の従軍慰安婦問題について韓国政府との間で「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と表明した

「蒸し返す、返さない」の問題ではない。二国間協定で完全に解決したとの日本側の主張は完全に反故にされたのだ。実に愚かしく悪しき前例を作ってしまった。今後韓国はいわゆる「徴用工問題」でも同様の集り行為に及ぶ可能性が高まった。

そればかりか、日本に対しては条約や協定を都合よく解釈した「後出しじゃんけん」が通用するという印象を国際社会に植え付けてしまったことになる。まさに悔いを千載に残す愚行というべきだ。

それよりなにより、当事合法であった売春業者を利用したことについて、日本が公式に謝罪し実質的に責任を認める意味が分からず筋も通らない。それは第三国からすれば「犯罪」を認めたことに等しく、在外邦人、日系人にとっても「犯罪者の子孫」というレッテル貼によるいじめが継続することになりかねない。

安倍首相と岸田外相に問いたい。10億円もの国費即ち日本国民の血税を、事前に明確な説明もなくこのような出鱈目な根拠に基づく要求に屈して支出する理由は何か。韓国の「慰安婦」に謝罪と補償をするなら日本人慰安婦はどうするのか。日本の首相、外相としての説明責任を求める。
posted by 三四郎 at 16:42| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(4) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする