2016年01月09日

半島難民対策を急げ

北朝鮮が「水爆実験」に成功したというニュースは、日本周辺地域の軍事的緊張を一気に高め、株式市場にも大きな影響を与えている。

日本政府は米韓との連携や独自制裁の強化など、表向きの「todoリスト」に沿った対応をしているようだ。

しかし正直なところ金王朝の思考や行動原理は予測不可能なところがある。金正恩と軍部の権力バランスがどうなっているのかも見えにくい。それだけにいつ、いかなる理由で、そしてどのような形で暴発が始まるかも分からない。

そうなると日本政府として国土防衛のため計画を確立することは当然ながら、半島からの難民発生を具体的にシミュレートし、早急に対策を立案するべきだろう。韓国の北側が交戦国との国境である以上、反対側の日本に海から空から大量の難民が流入するであろうことは想像に難くなく、対策なしでは日本の治安に大きな脅威となる。

最近のドイツにおける女性集団暴行のような例もある。さらに60年前の朝鮮戦争では少なからぬ難民たちが日本に流れ込み定住しながら「弱者の地位」に居座り、権利ばかりを主張することでこの国を内部から蝕んでいる現実も忘れてはならない。

ミサイルや核攻撃といった直接的な脅威以上に、半島難民発生は遥かに現実化の蓋然性が高く、人道的問題もあって扱いが難しい。政府は中東難民に翻弄される欧州各国を他山の石として、半島難民の対策を急いでもらいたいものだ。
posted by 三四郎 at 18:50| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする