2016年01月16日

繰り返される悲劇

長野県軽井沢町で昨日未明に発生したスキーツァーバスの事故は、大学生14人が死亡するという大惨事となった。本格的な事故調査・検証はこれからだが、運行予定ルート外を走行、運転手はツアーバスを始めて運転、健康診断も受診していない、等々、杜撰な業務管理の様子が明らかになっている(読売電子版)

>長野県軽井沢町軽井沢の国道18号碓氷バイパスで15日未明、スキー客を乗せたツアーバス(乗客・乗員41人)が、道路脇の崖下に転落、14人が死亡した事故で、バスの運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)が、バスが目的地へ到着し、業務を終えたように装った書類を作成するなど、不適切なバスの運行管理をしていたことが、国土交通省の特別監査で明らかになった
>道路運送法に違反する可能性があり、同省は16日以降も特別監査を続ける。県警も15日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で、同社を捜索した
>国交省は15日夜、この日の特別監査の結果を説明した。バスが目的地へ到着し、業務が終了した後に作成する「点呼簿」について、バスの運転手から目的地到着の電話連絡を受け、同社の運行管理者が押印すべきなのに、事故を起こしたバスの点呼簿には、すでに押印があったという(以下略)


このツアーはいわゆる格安ツァーで、それだけに学生の利用者が多かったようだ。過当競争により費用削減が至上命題となった可能性は高いが、そのために管理を手抜きしルールを逸脱させていたとすれば言語道断である。

この事故により事業者資格のない会社が淘汰されるのは当然ながら、何の落ち度もない若者が犠牲になるとは何とも理不尽でやり切れない。

バスツァーはその低料が受けて根強い人気がある一方、この種の無理無謀な運行による大事故が後を絶たない。事業構造に根本的な問題があるように思う。自由競争を否定はしないが、こうした理不尽さが根絶されるよう、行政の指導力を望む。

うちの次男が卒業旅行で来月この会社のスキーツァーに参加する予定だったらしい。タイミングが悪ければ被害者になっていたかもしれない。今回の事故で、次男同様この春就職を控えた学生も犠牲になったという。残された親御さんには同じ親として心からお悔やみ申し上げたい。
posted by 三四郎 at 08:51| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(5) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする