2016年01月17日

台湾政権交代へ

台湾の総統選挙は民進党の蔡英文氏が国民党候補に圧倒的な大差で勝利した(@nifty news/時事)

>台湾総統選挙は16日、投開票され、台湾独立志向の最大野党・民進党の蔡英文主席(59)が、与党・国民党の朱立倫主席(54)、野党・親民党の宋楚瑜主席(73)の2人を破り、初当選した。女性総統は台湾史上初となる。民進党の政権奪還は8年ぶりで、馬英九政権下で緊張緩和が進んだ中台関係に変化が生じるとみられる。蔡氏は5月20日に新総統に就任する
>中央選挙委員会によると、各候補の得票率は、蔡氏が56.12%、朱氏が31.04%、宋氏が12.84%。副総統には蔡氏とペアを組んだ中央研究院前副院長の陳建仁氏(64)が選出された。投票率は過去最低の66.27%だった
>蔡氏は「3度目の政権交代を果たした」と勝利を宣言。朱氏は「失望させて申し訳ない」と敗北を認め、党主席を辞任する考えを表明した。毛治国行政院長(首相)も辞任の意向を明らかにし、内閣は総辞職する見通しだ
>同時実施の立法院(国会、定数113)選も民進党が現有の40議席から68議席に躍進し、初めて過半数(57議席)を確保した。蔡氏は安定的な政権基盤を築くことができる国民党は64議席から35議席に激減。新政党「時代力量」は5議席を獲得した
>蔡氏は2008年に発足した馬政権での経済情勢悪化や親中路線を批判し、有権者の不満を取り込んで選挙戦を終始リードした。最大争点の対中政策では「現状維持」を掲げ、民進党政権発足で中台関係が悪化するとの懸念の解消に努めた
>一方、朱氏は馬政権に対する逆風に加え、国民党の混乱で出馬表明が昨年10月と出遅れ、厳しい戦いを強いられた。馬政権の対中融和路線を引き継ぎ、蔡氏が当選すれば「中台関係が不安定になる」と危機感をあおったが、及ばなかった
>馬総統は昨年11月に中国の習近平国家主席と分断後初の首脳会談を行い、「一つの中国」原則に基づく「92年合意」を改めて確認した。民進党は合意を認めておらず、蔡氏は当選後の記者会見で、対中関係について「挑発せず、予想外のことをせず、対等な交流の道を探る」とする基本的な立場を示した


中台融和を掲げた馬政権の総括的な意味があると思えば、台湾国民は明確にこれを否定したと言っていいだろう。

台湾国民の間には中共への警戒感、不信感が根強く、「融和」でもたらされた「経済的メリット」もこれを拭い去るには十分でなかったというところか。

もともと台湾の「親中路線」を確立しこれを維持強化してコントロールするという思惑から発したものであろう。台湾企業を利用するだけしておき、国民に広くメリットをもたらすことなど歯牙にもかけていないということを有権者はしっかり感じ取っていたに違いない。

それよりも台湾国民にとっては、覇権主義丸出しの中共に過度に経済依存することへの不安と警戒が強かったのだと思う。

今後中共による様々な圧力、要求が強まり、一時的に台湾経済にブレーキがかかったとしても、中共というぬかるみに足を取られて末は現状維持さえ危うくなるのでは、という危機感が台湾国民を突き動かしたという側面があるのではないか。

日本の友邦である台湾に中共と一線を画する政権が誕生したことは大きな意義がある。日台の関係が様々なレベルで強化されることを切に願うばかりだ。
posted by 三四郎 at 13:20| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする