2016年01月24日

十年間の空白

分類枠はあるものの、滅多にスポーツ・芸能の話題を取り上げないこのブログだが、思わず括目したニュースがあったので紹介する(日経電子版)

>大相撲初場所千秋楽は24日、東京・両国国技館で行われ、大関琴奨菊(31、本名菊次一弘、佐渡ケ嶽部屋)が14勝1敗で初優勝を飾った。日本出身力士の幕内優勝は2006年初場所の大関栃東以来10年ぶり
>単独トップで千秋楽を迎えた琴奨菊は、豪栄道との大関対決を突き落としで制した
>琴奨菊は福岡県柳川市出身。相撲留学した高知・明徳義塾高校から佐渡ケ嶽部屋に入門し、02年初場所で初土俵を踏んだ。05年初場所で新入幕、11年秋場所後に大関に昇進した
大相撲の幕内優勝は06年初場所の栃東を最後に、白鵬の35回を筆頭にモンゴルなど外国出身力士が独占してきた


「えぇ?! 十年間も?」というのが第一の感想だった。

確かにこのところ外国人力士の活躍ばかり目立ち、わけてもモンゴル出身力士が優勝の常連だった印象がある。それにつれて、いつしか「大相撲」というものへの関心が薄くなってきたのも事実だ。

今回の琴奨菊という力士も、名前だけは聞いたことがある程度でどんな力士なのか全く知らない。日本人としてあまりに国技に対して失礼かもしれないが、やはりよほどの相撲好きでなければ、外国人の活躍ばかり見させられていればそうなるというものだ。

今回、琴奨菊が優勝したことで相撲にいくらか関心が戻る日本人も少なくないのではないか。

実力がモノを言う勝負の世界であれば、国技とて弱い者、精進が足りない者は淘汰されるのは当たり前。十年間もの間、日本人優勝者がいなかったことの意味と重みを、角界関係者だけでなく日本人一人ひとりが我がこととして省みるべきではないか。

そうするだけの必要性と価値が十分すぎるほどあるように思う。
posted by 三四郎 at 17:58| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ・エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする