2016年02月07日

何をいまさら

日本への発注が決まりかけていたインドネシアの高速鉄道、土壇場で中国がありえない提案をしてひっくり返し受注をもぎとったことは記憶に新しい。

中国の技術も商売のやり方も信頼できないのに、インドネシアは将来大きな代償を払うだろうと考えていたが、同国内は思ったより早く怪しい雰囲気になってきたようだ(@nifty ニュース/グローバルニュースアジア)

>2016年2月7日、インドネシアメディアによると、問題山積で暗礁に乗り上げている中国に発注した高速鉄道計画(ジャカルタ―バンドン間・約140Km、2019年開業)について、野党議員から中止を求める声が強まっている
中国に発注してしまったのは最大のミス。またこの区間での高速鉄道は優先順位として必須でないことから、建設前の現時点で早急に中止することが、インドネシアにとって最善だと説明している
中国の画期的な提案を信じて発注したものの、プロジェクトが始まってみるとトラブルの連続で、インドネシア側が想定していたものとはかけ離れていた
>中国は、有力だった日本提案への対抗策として、インドネシア政府保証は不要だと画期的な提案(常識的にはあり得ない)をしていたが、態度を一変させインドネシア政府の保証を要求してきた
鉄道の運行保証期間は、中国から60年を提案されているが、インドネシア国土交通省は、早期地震検知警報システムの導入を含め100年を要求している。中国からの建設申請の認可審査を担当する国土交通省では、ずさんな中国の高速鉄道計画を承認した場合、運行開始後に事故が発生した時に責任が問われるため、ジョコ大統領からの強い指示があっても容易に許可を出せない
>インドネシア政府内では、早期に着工すべきとの意見と、計画を精査し安全性をきちんと担保するべきとの意見の対立が起きている


「安物買いの銭失い」というが、買う前からこれでは先が思いやられるというものだ。

政府保証は不要というのが、中国案の「目玉」だったはず。それが手のひら返しで保証を要求するとはどこまで厚い面の皮か。

運行保証期間にしたって、そもそも提案段階できっちり決まっていなくてはおかしいだろう。60年と100年では乖離が大きすぎる。インドネシアも本音ではおそらく中国の技術的な信用力に疑念を抱いているのだろう。

「常識破りの提案」以外に、どんな接待や賄賂が飛び交ったかはしらない。しかし大統領始めお偉いさんたちの思惑だけで、国民の生命、安全を預かる実務責任者は動くわけにはいかないと考えているとしたら、インドネシアの実務当局には良心と常識が残っているようだ。

これからどのように動いていくか、生暖かく見守らせてもらうことにしよう。日本が理不尽な尻拭いをさせられぬためにも。
posted by 三四郎 at 14:21| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする