2016年02月27日

政治不信の辿りつく先

このところ外電は米国大統領選の話題が喧しい。所詮は他国のことながら、それが米国ともなると影響が大きいだけに無関心ではいられない。

始めはただの際物扱いされていた共和党のトランプ候補だが、その勢いは一向に収まる気配がない。その状況に米国大手メディアも危機感を隠していない。彼を阻止するのがあたかも良心の証明でもあるかのような論調で訴えている(読売電子版)

米紙ワシントン・ポストは25日付の社説で、米大統領選の共和党指名候補争いに関し、不動産王ドナルド・トランプ氏(69)が「指名候補になりそうだ」と指摘し、「想像もできないことが不可避になりつつある」と強い危機感を示した
>その上で、「今こそ、良心ある共和党指導者がトランプ氏を支援できないと表明し、(指名)阻止のためにできることをする時だ」と訴えた
>社説はまた、選挙戦でのトランプ氏の言動を批判。特に、不法移民1100万人を強制送還するとの公約について、「(旧ソ連の)スターリン政権や(カンボジアの)ポル・ポト政権以来の規模の強制措置だ」と非難した
>トランプ氏は予備選・党員集会で3連勝しており、指名が現実味を帯びてきている


確かにトランプ氏の言動は受けを狙って居るかどうかはさておき極端に過ぎる。しかしすべてが間違っているとも思えない。特に移民問題での発言は、ごく普通の米国市民ならそうだろうな、と感じる論調ではある。

むしろ大手メディアが「不法移民の強制送還」をスターリンやポルポトの所業に準えるなど、どうも必死過ぎて正気とも思えない。

この「トランプ現象」とも言うべき同氏の勢いがどこまで広がるか、いつまで続くのかは想像もできないことながら、今日の状況は既存の政治家の無策とメディアの無責任な似非人道主義が招いた、国民の大いなる政治不信の結果であることは否めない。

「移民の国」米国が移民を否定することはできないはずだと言う論調もある。しかし現にその移民たちに自らの生活の場と安全が脅かされているのを目の当たりにすれば、そうそう呑気なことも言っていられないはずだ。それを非難する人々にはそれこそ具体的な対案を示してもらわなくては説得力がない。

さておき、トランプ氏、日本には安保や経済の面で不満をぶちかましている。「在日米軍にもっと金を出せ」だのとも吠えているらしい。今日の日米関係を主導したのはもっぱら「戦勝国」米国であることをお忘れなく。ポピュリズムに走りすぎて天に唾する言動を繰り返していると身動きとれなくなりますよ?

米国民の選択から目が離せないこの頃である。
posted by 三四郎 at 15:14| 千葉 | Comment(3) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする