2016年02月28日

混迷と焦慮

引き続き米大統領選の話題。

民主党のクリントン候補が地方紙に「日本は何年も為替操作をして輸出品を安くしてきた」旨の記事を書き、駐米日本大使が「事実誤認」と「不快感」を示したらしい(読売電子版)

佐々江賢一郎駐米大使は25日の記者会見で、米大統領選の民主党指名候補争いでリードするヒラリー・クリントン前国務長官が、米地方紙への寄稿で日本などが「何年も通貨の価値を下げて輸出品を人為的に安くしてきた」と、為替操作をしていると批判したことについて「事実誤認だ」と強い不快感を示した
>一方、共和党の指名レースでトップを走る不動産王ドナルド・トランプ氏の同様の発言については「コメントしない」と深入りを避けた


クリントンも耄碌したというか、勢いではトランプに及ばず、サンダースには追い上げをくらい、いささか焦っているのではないか。

日本が為替操作したなど過去サミットやG20その他の国際会議の場でも指摘や糾弾を受けた記憶はない。むしろ中韓の通貨安の煽りを食って円高傾向が続き、製造業の競争力が劇的に落ちてきたんが実態だ。ソニーやシャープはその象徴でもある。

そんなことさえ構わずに、日本をある種のスケープゴート化したつもりならあまりに稚拙というものだろう。こういう愚にもつかない、しかし影響力が強い人物だけに、放置すれば日本をサンドバッグにすることが米政治家の「人気取りツール」となるばかりか、虚構の独り歩きが始まりかねない言動に対しては間髪入れず反論しておくことが何より重要だ。

それにしてもトランプ氏には「ノーコメント」とは情けない。まぁ、トランプ相手にまともな議論はできない、否関わらない方がいいと割り切ったのだろうが、そろそろこやつが本当に勝利した場合の日米関係、国際情勢をシミュレートしておいた方がいいのではないか。
posted by 三四郎 at 13:49| 千葉 | Comment(5) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする