2016年03月05日

なるべくしてなる

2015年度以降、中国経済に起因する企業倒産が急増しているらしい。それも日本のみならず諸外国でも増加しているという(日経電子版)

中国経済変調の影響が企業倒産の形で顕在化してきた。2015年度の中国の景気減速などを原因とする倒産の負債総額は国内全体の1割を超える見通しだ。中国からの受注の急減や現地取引先の経営悪化で行き詰まる企業が増えている。中国の安価な製品の輸出攻勢や資源需要減少で、タイやオーストラリアでも関連企業の経営破綻が起きており、中国発の波紋は世界に広がっている
>東京商工リサーチが中国の国内景気減速や生産コスト上昇などを原因とする倒産を集計した。15年度の倒産件数と負債額は2月までの累計で80件、2300億円超にのぼる。件数は前年度同期より7割多い負債額は約10倍に達し、倒産した日本企業の負債額全体の約13%にあたる。14年度の割合は1%強だった
>2月単月(速報)の中国関連の倒産は10件、負債額は約30億円だった
>中国の15年の実質国内総生産(GDP)成長率は6.9%と、25年ぶりの低い伸びになった。工業生産や建設・設備投資の伸びも縮小し、減速感が強い。製造業の設備過剰など構造的な問題を抱え、成長鈍化が続くとの見方が多い。「世界の工場」中国の旺盛な需要に依存してきた資源や部品関連の企業を中心に逆風にさらされている
>鉄鉱石など資源運搬が主力の第一中央汽船は、中国の需要減による海運市況低迷が引き金になり、15年9月に民事再生法の適用を申請した。負債額は約1200億円。中国関連の倒産は14年度までは「人件費や製造費の高騰が理由でアパレルなど中小・零細企業が多かった」(東商リサーチ)が大型化してきている
(中略)
受注減の影響は中小ほど大きい。16年1月、小惑星探査機「はやぶさ2」の部品加工も手掛けた実績があるテラマチ(愛媛県西条市)が経営破綻した。中国の建設機械需要の増加をにらみ設備投資をしたが、見込んでいた受注がなくなり資金繰りが悪化した
影響は海外企業にも広がっている。タイでは鉄鋼大手のサハウィリア・スチール・インダストリーズが昨年10月に会社更生を申し立てた。中国製の安価な鋼材が市場にあふれて市況が低迷し、経営の足を引っ張られた。中国の鉄鋼メーカーは国内需要の低迷を輸出強化で補おうとしている
>オーストラリアではニッケル精錬会社のクイーンズランドニッケルが16年1月に経営破綻した。ニッケルは建材などに使うステンレス鋼の材料で、中国が世界最大規模の消費国。不動産開発の減速などで需要が低迷した影響を受けた


倒産の憂き目に合った企業経営者には気の毒だが、俺の感想としては「なるべくしてなった」というところだ。

そもそも中国は中共の一党独裁支配のもと、基本的に計画経済国家である。資本主義の「いいとこどり」をしているつもりだろうが、企業の設備投資や都市開発、果ては株式相場まで国家(≒中共)の意思が入り介入が横行している。

しかも中央・地方問わず役人のモラルが低く、腐敗も後を絶たない。統計操作なんぞ朝飯前の当たり前。要するにありとあらゆる「恣意」と「ご都合」で動いているのが中国経済だ。こんな国相手にまともな商売が続く道理が無い。

しかし現実には多くの経営者が「見てみぬふり」を決め込んでいるか、利権やハニトラに溺れているか、はたまた目先の利益欲しさに目がくらんでいるか、さもなくば「横並び意識」から抜け出せずレミングの集団のごとく暗黒大陸に打って出た結果、斯くのごとく「玉砕」している。

歪んだ似非資本主義を振り回し、一方で軍事では覇道を行く危険極まりない国家に、世界経済が翻弄されている。良識の経営者、国家指導者は覚醒すべきだろう。
posted by 三四郎 at 17:08| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする