2016年03月06日

野合ロンダリング

民主党と維新の党が「結党大会」に向けて「綱領作り」に余念がないようだ(読売電子版)

合流する民主、維新両党が、27日の結党大会に向けて検討している新たな綱領案の概要が明らかになった
「自由、共生、未来」「現実的な外交・安全保障」など、両党の主張を取り入れた五つの基本理念などが盛り込まれる見通しだ
>新綱領は「結党宣言」「綱領本文」で構成される。結党宣言では、3年余りで終わった民主党政権を教訓にし、改めて政権交代可能な政党を作り直すことを訴える方向だ。本文に明記する五つの基本理念には、民主党の党是である「共生社会」なども盛り込む。憲法を巡っては改正に前向きな維新に対し、民主党内には慎重意見が根強いため、改正の是非には触れず、「立憲主義の確立」などを主張する方向だ
>両党は政調会長らによる「綱領・基本政策分科会」で週内に新綱領の原案をまとめる。基本政策は、昨年12月の統一会派結成時に合意した「基本的政策」を踏襲し、「2030年代の原発ゼロ」や「身を切る改革」なども打ち出す


何やらいかにも「新しい政党」ができあがるかのような書きっぷりだが、もともと主義主張がバラバラな「寄り合い所帯」の民主党と、その民主党を一度は見限り、あるいはそこにさえいられなくなって出ていった日和見・無能議員たちが再結集しただけのことだ。

その本質を心ある国民は見抜いている。マスゴミが必死に体裁を繕ってみても、つまるところ「野合ロンダリング」でしかない。

3年しか持たなかった民主党政権、下野した3年の間に何をしてきたかといえば衆知のとおりの離合集散、責任の擦り合い、内ゲバ、そして与党の粗探しだけだった。何も学習した気配もない。こんなのが再び政権を取っても同じ轍を踏むことは自明だ。もっとも、政権復帰できると夢想しているのは本人たちばかりだろう。国民を舐めてはいけない。

今の民主党と維新の合流劇は、「政界コメディー」として見ても出来が悪く、苦笑しかできない。こんな連中に税金を払いたくないと思うのは俺だけではなかろう。
posted by 三四郎 at 18:01| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする