2016年03月13日

ないない

内閣府の世論調査によれば、「韓国に親しみを感じる」とする日本国民が「微増」したそうだ(読売電子版)

内閣府が12日に発表した「外交に関する世論調査」結果で、韓国に「親しみを感じる」と答えた人の割合は33・0%で、2014年10月の前回調査から1・5ポイント増となったことがわかった
>昨年末の慰安婦問題を巡る合意などで、日韓関係が改善傾向にあることが影響したとみられる。一方、中国に「親しみを感じない」と答えた人の割合は83・2%(前回調査比0・1ポイント増)で過去最高を更新した
>調査は今年1月、全国の成人男女3000人を対象に行われ、1801人(60%)が回答。「親しみを感じる」と回答したのは、米国が84・4%(同1・8ポイント増)、ロシアが17・4%(同2・7ポイント減)、中国は前回調査と同じ14・8%だった


ずいぶんとまあ、安直な分析だこと。

「従軍慰安婦合意」直後の調査結果であれば、瞬間風速的に1.5ポイントくらいはあがるだろう。世の中は日韓関係を始終考えているような暇人ばかりではないのだから。

しかしその後、韓国内で続く「慰安婦像」の増設や合意への抗議集会などを見れば、さしものノンポリ層も辟易するのではないか。今、同じ調査をすればまた違う結果になるだろう。

気が付けばメディアには、またぞろ「韓流」を押すような動きが散見される。心なしか韓国人タレントの露出も韓国ドラマの放送時間も増えたような気がする。さりげなくしかし確実に、「韓国押し」が復活してきている。

だが逆にそうした「ステマ行為」が多くの日本人の嫌韓心理を高めることになっている。一方で媚を売りつつもう一方では本国はもとより世界各地の韓国人社会で相も変わらず「ヘイトジャパン運動」を展開している。

韓国政府は「民間のすること」として頬かむりしている。放置は承認と同じだ。こういう二面性を忌み嫌う日本人は多い。

日本人はそこまでお人よしではない。日本政府もマスコミも、あまり国民を馬鹿にしないでもらいたいものだ。
posted by 三四郎 at 18:02| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする