2016年03月19日

賢明な判断を

安倍首相は消費税の再増税を先送りすることを検討するという(読売電子版)

安倍首相は、2017年4月からの消費税率10%への引き上げについて、景気の足踏み状態が続いた場合には先送りする方向で検討を始めた
>世界経済が減速する中、増税は想定以上の景気悪化を招くと考えたためだ。5月26〜27日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)前後に最終判断する。首相は増税を先送りする場合、衆院を解散し、7月10日投開票の日程で「衆参同日選」に踏み切ることも視野に入れている
>増税の延期は1〜2年間で検討している。首相は秋の臨時国会での法改正を想定している
>首相は「リーマン・ショックや大震災のような重大な事態」に増税を先送りする方針を示してきたが、世界経済の悪化が見込まれる場合にも選択肢を広げた形だ。5月に明らかになる16年1〜3月期の国内総生産(GDP)速報値や、先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(5月20、21日)と伊勢志摩サミットの状況などを踏まえて判断する


中国経済の減速や原油安、それに足元の円高傾向と、このところの日本経済にはアゲンストが吹いてきている。

実際、有効求人倍率も高水準を維持し、大卒予定者の就職内定率が5年連続で前年を上回るとはいえ、今年の春闘でのベア規模は昨年を下回っている。日本経済はまだまだ回復途上であり、ここで腰折れさせるわけにはいかない。況してそれが「増税」による政策の過ちに起因するようなことはあってはならない。

「財政再建」は景気回復による民力の復活があって初めて意味を持つ。国民生活が疲弊するなかで、ひとり国家財政のみを健全化するなどは財務官僚の願望の域に留まらせるべき「倒錯」で、政治家のとるべき道ではない。

俺は現在の安倍政権を支持しているし、現状では仮に消費税再増税したとしても、外交・安保・改憲の観点から消去法で安倍政権を選択するだろうが、おそらく大いに失望することになる。

俺のような保守・中道の支持層は少なくないと思う。それを安倍首相はおそらく感じ取っていると思う。スティグリッツ氏がこのタイミングで増税反対論を述べたことは政治的な布石だろう。

安倍首相にはぜひ賢明な判断をお願いしたい。
posted by 三四郎 at 16:51| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする