2016年05月04日

絶対関わるなよ

気が付けばもう2年後に迫った韓国・平昌五輪だが、施設建設の遅れやスポンサーの未決がいまだ取り沙汰されるなか、ここにきて何と大会組織委員長が辞任したという(@niftyニュース/TBS)

2018年に韓国で開かれる平昌冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会は3日、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)委員長が辞任したと発表しました
>財閥「韓進グループ」の会長も務める趙亮鎬氏は、傘下企業の「韓進海運」が巨額の負債を抱え経営危機に陥っていることから、その立て直しに専念するということです
平昌五輪をめぐっては、前の組織委員長も任期途中で突然辞任するなど混乱。韓国経済の低迷でスポンサーの確保が難航しているのに加え、施設建設の遅れなど課題が指摘されています。委員長の後任はまだ決まっておらず、残り2年を切った大会の準備に支障が出ることも予想されます
>趙委員長は、同じく「韓進グループ」傘下の大韓航空機の離陸を遅らせて「ナッツ姫」と呼ばれた趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏の父親としても知られています


傘下企業の立て直しってあなた、そんなに危ない企業の責任者に組織委員長を任せていたのかと呆れるばかりだ。それ以前に既に2人目の辞任者ということを考えると、開催準備が遅々として進まぬ状況に焦りと責任追及の恐怖を感じて逃げ出したのではないか、と見えてくる。

この五輪を巡っては、日韓双方から「共同開催」の声が上がっては消え上がっては消えしている。自力開催に不安を感じて日本を頼りたいが正面から支援を求められない韓国と、日本側政財界の親韓派が阿吽の呼吸で雰囲気づくりを醸成しているように思う。

日本国民の一人として、特に声を大にして言いたいのは「絶対に関わってはいけない」ということだ。失敗すれば日本の責任、成功しても感謝はされず壮大なカン違いで「単独開催のほうがうまくやれた」と日本批判を展開するのが精々だ。

日本は東京五輪でいっぱいいっぱいだ。それでなくとも東日本大震災から復興しようとうところに追い打ちをかけるようにして発生した九州大地震に、人的経済的リソースを割かねばならない。とても他国の自立支援をしている場合ではない。

仮に共同開催なり支援要請があっても突き放し放置せよ。
posted by 三四郎 at 14:32| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする