2016年05月07日

トランプ旋風

米大統領選でトランプ氏の共和党指名が俄然現実味を帯びてきた。歴代の共和党における正副大統領経験者や元政府高官らが党大会欠席による批判と抗議の意思を示しているが、トランプ氏の側に法的倫理的もしくは手続き上の瑕疵が無ければ順当に指名されるだろうし、そうでなければ米国ではない。

結局、米国が自由と民主主義の国であることを標榜する以上、民意として示されれば彼が大統領になるだろうし、世界はこれを受け入れるしかないのだ。

ここにきてようやく日本の政界でもトランプ氏を意識し牽制する言動が見られ始めた(読売電子版)

石破地方創生相は6日夕(日本時間7日朝)、米大統領選で共和党指名候補になることが確定したドナルド・トランプ氏(69)が在日米軍駐留経費の日本側負担増を求めていることに対し、「日米安保条約をもう一度、よくお読みいただきたい」と批判した
>ワシントン市内で記者団に語った
>石破氏はこの中で、米軍は安保条約上、日本防衛に加え、極東の平和と安全のために日本に駐留していると指摘。「米国がひたすら日本の防衛のために負担をしているのだ、よってその経費は日本が持つべきだということは、日米安保条約の内容からは論理上、出てこない」と述べた
>石破氏は同日午前(日本時間6日深夜)に行った講演では、「同盟の本質と国際環境を正確に理解すれば、必ず正しい政策が立案されると信じている」と米国の聴衆に訴えた。また、憲法9条が改正される可能性を念頭に、「日米安保条約や日米地位協定を改定することは将来的に真剣に検討されるべき課題だ」とも語った


石破氏に期待する方が無理なのだろうが、どうも非常に矮小な視点で捉えているように思う。

トランプ氏の言わんとするところは日米安保条約の解釈論ではないと俺は思う。日米の、否、21世紀の世界における米国の安保政策スタンスそのものに疑問符、というか「ノー」を突き付けているのではないのか。そのことは、中国や北朝鮮の問題は東アジアで何とかしたらいい、という突き放したような態度に端的に表れている。

確かにトランプ氏は政治家として素人だし、有能なブレーンもいなさそうではある。それゆえにこそ、米国一般大衆の感情に響きやすいコメントをポンポン言えるわけだ。

戦後70年以上にわたり「世界の警察官」であり続けた米国民は、その過程で父や伴侶や恋人を戦場で失い、或は自ら一生消えぬ傷を負って後半生を生きてきた人々も多い。気が付けば国際社会ではヒーローどころか悪役、憎まれ役になる場面ばかりだ。

加えて「移民と自由の国」という建前のもと、難民もテロリストも押し寄せ、職の奪い合いや治安の悪化を招いている。「いいことなど何もないじゃないか」という米国民の精神的疲労感、虚無感をトランプ氏は代弁してきたことは間違いない。

一言でいえば中下流米国民の本音を背負っているわけで、それを「民度が落ちた」とか「知的レベルが低い」とか言ったところで「負け犬の遠吠え」にしかなるまい。米国民がそれを求めるなら詮ないことだ。

そういう認識があれば、日本人政治家の講演を聞きに来るような層の聴衆に向かって「日米安保条約を読み直して」とか「同盟の本質と国際環境を正確に理解すべき」といったところでトランプ氏には届かないし、届いたところで「そういう問題じゃない」と一蹴されるのがオチだろう。

では日本はどうすべきか。

せっかくトランプ氏が日本の核武装容認を匂わせた機会に、核武装も含めた総合的な安保政策見直しを行い、日本の安保体制の再構築をすべきであり、少なくともこれを公言しなくてはならない。

戦後レジームをスクラップアンドビルドするためには、こういう「風」と「力」を巧みに利用していく強かな視点をこそ日本の政治家には期待したいのだが。
posted by 三四郎 at 12:54| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする