2016年05月14日

公器の資格

フェイスブックといえば米国初のSNSとして世界的に広く普及している。俺は救いがたい昭和人間で未だ使ったことは無いが、「意識の高い」若い世代を中心に拡大し、携帯電話やメールに連なる「社会の公器」のような存在と化しつつあるらしい。

しかし当の米国で、果たして公器と言えるのかというべき疑惑が浮上しているようだ(時事電子版)

>米フェイスブックザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は14日までに、米共和党に関するニュース表示を同社が意図的に制限したとの一部報道を受け、社内調査を進めていると明らかにした
>問題となっているのは、話題のニュースを紹介する「トレンド」と呼ばれる機能。IT情報サイト「ギズモード」は9日、フェイスブックの元契約社員の証言を基に、共和党の活動や所属議員に関する一部のニュースを意図的に除外していたと報じていた
>フェイスブックによると、利用者が話題にした回数などからニュースを自動的に絞った後、担当者が中立性を保つための社内指針に従い、最終的に紹介するニュースを選択している


仄聞するところによれば、もともとザッカ―バーグ氏は民主党のシンパで、オバマ政権誕生のときにはSNSを駆使してこれを支援したと聞く。IT企業家を多く輩出するカリフォルニア州にはリベラル派が多く、民主党支持を公言する経営者も少なくないらしい。まぁ企業人である前に一人の市民、国民であれば政治スタンスにも主義主張があって当然だろう。

しかしベンチャー企業であるうちはともかく、フェイスブックのように中立を謳う一種の社会インフラの様相を呈するシステムとなればその影響は大きく別な話になる。もし一方の政治勢力のニュースのみを取り上げていたとすれば立派な政治行為であり、今すぐ「中立」という看板を外してそのスタンスを明示すべきだ。

フェイスブックは今、「社会の公器」たる資格を問われている。
posted by 三四郎 at 20:17| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする