2016年05月28日

米大統領のスピーチ

現職の米国大統領が広島を訪れ、被爆者を追悼しメッセージを読み上げた(日経電子版)。

予め想定されたとおり、謝罪の言葉は口にしていないが、その文言や口調からは厳粛な感情と人類史上初めて原爆を使用した国家の元首としての悔恨が感じられた。核兵器廃絶に向けた断固とした決意のような力強さは確かになかったものの、原爆投下の当事者にして現実を預かる超大国の指導者の言葉としては必要にして十分なものだったのではないか。

任期が残り少ないレームダック化した大統領だから訪問しやすかった、とか、反核のリベラリストとして足跡を残したかったのでは、とかいう下衆の勘ぐりはやめておこう。現職の米大統領が自らの国が灰燼に帰せしめた地を訪れ、犠牲者を追悼したという事実は消えない。

>ここ広島で、世界は永遠に姿を変えてしまった。しかし今日、この町の子どもたちは平和の中に生きている。なんと貴重なことか。それは守られるべきことで、世界中の子どもたちが同じように平和に過ごせるようになるべきだ
>それが我々が選びうる未来だ。そして、その未来の中で広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、我々の道義的な目覚めの始まりとして記憶されるだろう


「道義的な目覚め」とオバマ氏は言った。ここに俺は悔恨と謝罪の意思をくみ取ることができる。被爆当事者でない俺が言うのもおかしいが、広島はオバマ氏の心情に少なくない影響を与えることができたと思うし、氏自身の今後の活動や米国世論の何かを変えていくことができればもって瞑すべしではなかろうか。
posted by 三四郎 at 09:39| 千葉 🌁| Comment(4) | TrackBack(4) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする