2016年06月11日

恥知らず

公金流用、公私混同問題で連日批判の十字砲火に晒されている舛添都知事。それでも辞職しようとしない神経は並ではない。疑問や批判に対するに開き直りの強弁や屁理屈の連発。ここまでくると彼の言っていること全てが嘘くさく信用できない(@niftyニュース/TBS)

>片山元総務大臣は、TBS「時事放談」の収録で、舛添都知事が正月の家族旅行中に会議をしたという出版社社長について、舛添氏は名前を公表すべきだと厳しく批判しました
>「(出版社社長が)実在するなら、実際に来られているならば、早く言えばいい。舛添氏は大変な窮地に陥っているから、焦点は社長がいるのか来たのかになっているから」(片山善博元総務大臣)
>舛添知事は、家族旅行中に会議をしたという出版社の社長についてプライバシーを理由に公表を拒んでいますが、片山氏は、このように批判するとともに、「自分の潔白を証明するためにも命がけで言わないといけない」と述べました


地位ある人間にこれまた一定の社会的な名声ある人物が「実在するなら、実際に来られているならば、早く言えばいい」とはなかなか直球の批判である。自分が信頼されていないことの証というだけでなく、ある意味軽蔑されているニュアンスだ。こんな言葉をぶつけられたら俺なら恥で耐えられない。

ここまで信頼を失い軽蔑されている人物が首都の長として居座り、リオ五輪のセレモニーに出るなど想像するだに日本人として恥ずかしい。舛添さん、あんたはいいだろうが国民が耐えられない。どうかお辞めになってください。
posted by 三四郎 at 17:00| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする