2016年06月12日

火傷せぬうちに

国を挙げて「高速鉄道輸出」に邁進する中国。インドネシアでは受注寸前の日本からかっさらっていったのは記憶に新しい。しかし世界の其処彼処でプロジェクトが頓挫している。仁義なきやり方で受注を獲得しても、技術もノウハウも未熟な実態が露呈しているわけだ。

ここにきてようやく米国も危機感を抱いたのか、ラスベガス−ロサンゼルス間の米中合弁事業を解消することにしたらしい(読売電子版)

中国が米国で手がける初の高速鉄道として注目された米西部のネバダ州ラスベガスとカリフォルニア州ロサンゼルスを結ぶ全長370キロの高速鉄道の建設計画について、米側の事業者が中国企業連合との合弁を解消し、頓挫したことがわかった
>同路線は昨年9月、中国の習近平国家主席の訪米直前に、米エクスプレス・ウエスト社と中国国有企業「中国鉄路総公司」が率いる中国企業連合の合弁事業として推進することで合意していた。今年9月にも着工予定だった
>だが、エクスプレス社は今月8日、合弁解消を発表中国企業連合による認可取得が難しく、工事に遅れが生じることなどを理由としており、米連邦政府が高速鉄道車両の「米国内での生産」を求めていることも障害だと指摘した
>中国企業連合は10日、一方的な合弁解消は「無責任であり、反対」とする声明を国営新華社通信を通じて発表した


冷静に考えてみれば、そもそも事故を起こした車両を地面に埋めるような国の技術に、利用者・国民の命を預けられるわけがない。一時の利権や賄賂で得る利益以上の損失につながる可能性もある。内外での中国の仕事ぶりに米国企業が不安を抱いたのではないか。

何につけ「一方的で無責任」なのは中国のお家芸だ。もっと国家・企業として信頼するに足る実績を中国国内で積み上げてから出直してくるべきだろう。
posted by 三四郎 at 16:55| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする