2016年06月25日

英国の選択

英国のEU残留を問う国民投票は僅差で「離脱」が選択された。当の英国民を除く国際社会、とりわけEU加盟国のほとんどが残留を「期待」し「希望」し、離脱した場合のデメリットを恐怖感を煽るように強調したが、結果は衆知のとおりだ。

市場は敏感に反応した。日経平均は1,300円近く下げNY市場も600ドルを超える下落、円は対ユーロ、対ドルで記録的な値上がりになった。

とまあ、ここまでは予想された事態ではある。この傾向が週明け以降どうなるか。経済的な問題だけではない。国際秩序の一角が崩れたことには違いなく、世界がどう政治的、経済的にリバランスしていくのか、誰がどうイニシアチブを取るのか、全く予見できない混迷の時代になりそうな予感だ。

それにしても、経済的な影響を置くとすれば、俺は英国民の選択に共感を覚える。

「グローバル」「ボーダーレス」「移民による活性化」と言われてきたが、それは富裕層だけの幻想ではなかったか。一般国民はどれだけメリットを享受したのか。生活がじわじわと困窮し、移民の影響は希望と活力よりも不安と混乱をもたらしたのが実相ではないか。

米国に見られる孤立主義への回帰傾向もこれと通底するものがある。トランプ候補は俺も好きにはなれないが、俺が米国民であれば彼に投票するかもしれない。理想主義の儚さ脆さ嘘臭さを、一般庶民は実感している。

知識人や経営者たちは「ナショナリズムの台頭」とか「時代の逆行」とか知った風に言うが、政治が今そこにある矛盾を解決できなければ、国民は自分で自分を守るしかない。その一つの回答が今回の結果ではあるまいか。

英国の選択は形を変えて米国の選択にもなり得る。日本の政治家、経営者諸氏は括目してこれを受け止め、答えを用意してほしい。
posted by 三四郎 at 09:05| 千葉 ☔| Comment(4) | TrackBack(5) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする