2016年07月08日

軽すぎる神輿

舛添氏が辞めて空席になった東京都知事の椅子だが、どうも「これは」という後継候補が出てこない。もはや自分の住む自治体ではないものの、首都の顔である以上は諸外国に対しても名実ともに恥じない人物であってほしいのだが。

そんな中で今日、俳優の石田純一氏が「野党統一候補」という条件付きで立候補するという意思表明をしたらしい(@niftyニュース)

>俳優の石田純一(62)が8日、都内で会見を行い、東京都知事選(14日告示、31日投開票)への出馬について「野党の統一候補なら立候補する」と条件を提示しながら、出馬への意思を明かした
>石田は、待機児童問題や子育て支援など未来の日本を担う子どもたちへの思いを口にし、「今は与党が強いので、野党が集結できないと、思いを力に変えられない。野党の統一候補じゃなきゃ嫌だというわけではなく、野党の統一が必要という思い。別の方が立候補するなら、応援したい。分散して出るなら、私は降りて市民と寄り添って応援していきたい」と語った
>CMなどの契約について問題がないか質問されると、「(スポンサーに)ご理解いただいていることが多いですが、契約上の問題で公にはできず、何かしらのペナルティーは発生することもある。ここ数日はその話し合いをしていて、ご理解をいただいているが、まだ難しい」と率直に答えた
>選挙を勝つ確率を聞かれると「率直に言って、10%以下じゃないですかね」と冷静に分析しつつ、これ以上与党の力が巨大になっていくことへの危機感から、条件付きながら出馬を考えた経緯を説明した
>前日7日には、東京・羽田空港での取材で「まだ出馬を決めてはいないが、気持ちはある」といい、検討を告白していた
>石田は1954年生まれ、東京都出身。1979年にNHKドラマ『あめりか物語』で俳優デビュー。80年代に多数のトレンディードラマに出演して人気を集め、97年にテレビ朝日『スーパーJチャンネル』のキャスター就任するも「不倫は文化」発言で世間の反感を買い、1年でキャスターを降板。その後、バラエティー番組を中心としたタレント活動で人気を回復させた
>プライベートでは早稲田大学在学中に結婚し、俳優・いしだ壱成が誕生するも離婚。88年に女優の松原千明と結婚し、99年に離婚。2009年にプロゴルファーの東尾理子と結婚。最初の妻との間に誕生したのは俳優のいしだ壱成、松原との間に誕生したのはタレントのすみれ。東尾との間にも男児と女児が誕生している


いやいやいや、チャラいね。

この人物、サヨク系の集会にはよく顔をだしていたようだけど、都政について何がしかの意見を発信していたという記憶がない。会見内容も薄っぺらで、仕事や人生のキャリアを見ても、とても中堅国家に比肩しうる財政規模を誇る首都東京の知事にふさわしい識見や胆力があるとは思えない。

立候補の動機が「与党の力が巨大になっていくことへの危機感」というのも具体性がなく、説得力もないしどうも胡散臭い。どこぞのサヨク系野党が言いそうな言葉だ。そのあたりの関係者が焚き付けて言わせている観がある。都民もいいかげん舐められたものである。

これまでのところ、知名度がありそれなりに政治家としてのキャリアを持つ候補者でまともな意見表明をしているのは小池百合子氏くらいというのが何とも寂しい。それさえ直近の会見ではトーンダウンしているらしいが。

まあ何にせよ今度こそ、東京の有権者は単に自分たちの首長を決めるのではなく、日本の一つの顔を択ぶのだという一段高い意識と視点で一票を投じてほしいものだ。
posted by 三四郎 at 15:56| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする