2016年07月09日

偏向の証

メディアの間では安倍政権が「言論統制」を強化しているという認識があるようだ。少し長くなるが、著名なフリージャーナリストと大手メディアの元社長による対談を引用する(@nifty/週刊朝日)

参院選でも向うところ敵なしの安倍政権下でメディアへの「言論統制」が強まっている。ジャーナリストの池上彰氏、原寿雄共同通信社元社長が昨今のメディアのへたれぶりを一喝した
>原 日本人記者の根性には「お上の話を承る」という姿勢が昔からある。それが克服できていない
>池上 その傾向は年々強まっています。最近までは権力を持つ側は「メディアに圧力をかけてはいけない」というのが共通認識でした。政治家も、メディアから批判されたからといって、いちいち文句を言ってくることはなかった。「権力は抑制的であるべきだ」と考えられていたからです。だから、たまに権力欲のある政治家がメディアに介入する発言をすると、大騒ぎになった。ところが、安倍政権になってからは、自民党はおもなニュース番組をすべて録画して、細かい部分まで毎日のように抗議し、訂正を求め、注文をつけてくる。すると、テレビ局は「面倒くさい」となる。対応が大変で、次第に「文句を言われない表現にしようか」となってしまうのです
>原 トラブルが面倒になったら、ジャーナリズムは後退しますよ。「この権力野郎!」というぐらいの気持ちで仕事をし、その結晶で報道が生まれるようでないとダメです
池上 ある番組で、安倍首相の映像がテレビで流れている時に、技術的なミスで違う映像が入ってしまったことがありました。すると「安倍政権を貶めようとしている」と言わんばかりに抗議が来るわけです
明らかに技術担当者のスイッチミスで、番組でも訂正と謝罪をしているにもかかわらずです。私が特定秘密保護法についてテレビで批判的な解説をした時も、すぐに役所から「ご説明を」と資料を持ってやってきた。こういうことが日常的にあるわけです
>原 私の現役時代はあまりなかったですね。覚えているのは編集局長時代、文部大臣自ら来て、私が言い分を聞いて帰ってもらったことぐらい
>池上 第1次安倍政権(06〜07年)の時に、メディアへの抗議が増えたんです。ところが、安倍さんが辞めた後にパタリとなくなりました。福田政権、麻生政権、民主党政権の時は抗議が大量にくるようなことはなかった。それが第2次安倍政権(12年〜)になって復活しました
>原 問題はメディア側にある。弱者に強く、強者に弱くなった。自分たちは読者・視聴者のために仕事をしていると思っていれば、政治家や役人、企業などからくる圧力とは断固として戦い、押し返せるものです


そもそも「週刊朝日」上での対談だからこんな認識になるのだろうということはさておき、まず参院選直前にこういうテーマで安倍政権を批判すること自体に意図を感じてしまう。それでも「言うべきことは言う」との立場であればそれは否定しない。

しかし安倍首相の映像に別の無関係な映像が混じったことついて「技術的なミス」で片づける姿勢は意図的な矮小化を感じる。さもなくばジャーナリストとしていささか職業倫理を軽視するもので不用意、軽率の誹りを免れぬのではあるまいか。

メディアの影響力を自認すればこそ、そこは印象操作と受け取られぬようにしなくてはならない。安倍首相についてはこの種の「事故」「ミス」が複数回発生していた記憶がある。ジャーナリストなら襟を正す姿勢が本来であり、正当な抗議を圧力と言うのは傲慢かつ散漫な意見であろう。もし「昨今のジャーナリストは劣化した」という議論なら、まさにこの点において同感である。

それから、第一次・第二次を通し安倍政権下でこの種の抗議が増えたという議論も胡散臭い。「福田政権、麻生政権、民主党政権の時は抗議が大量にくるようなことはなかった」というが、福田政権や民主党政権はリベラルもどきで主要メディアの意に沿った政策行動をとる政権だったこと、麻生政権はあまりに短命だったことが理由ではないか。何気ないこの発言自体が、メディアは「反安倍」であることの証で語るに落ちている。

大手メディアや著名ジャーナリストが世論をどのように誘導しようとも、現代はネットで様々な情報が同時並行で発信されている。両氏に限らずこの業界の方々には今更ながら、今は「何が本質か」「誰がどんな意図を持っているか」を昔よりも比べ安い時代であることをお忘れなく、とだけ言いたい。
posted by 三四郎 at 10:54| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする