2016年07月10日

捏造フォトコンテスト

捏造プロパガンダがお家芸の中国で、「南京大虐殺記念館」なる宣伝組織が「南京」「慰安婦」にまつわる「歴史のしるし」として「証拠写真」を大募集するという(Record China)

中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館で6日から「歴史のしるし」と題する写真資料を募集する活動が始まった。中国国内外を対象に、南京大虐殺や中国を侵略した旧日本軍が強制連行した「慰安婦」「抗戦」などをテーマにした写真のほか、記念館建立の過程を捉えた歴史的写真も募集している。新華網が報じた
>同館の張建軍館長によると、南京大虐殺から来年で80年。「歴史の記憶を伝承していく立場にある当館は、南京大虐殺や慰安婦などに関する写真を集めて展示することで、犠牲になった同胞を追悼すると同時に、歴史を蘇らせ、歴史的資料を国民の記憶に転化していきたい」という
>今回募集する写真は主に▽1947年に国民政府が初めて南京大虐殺の犠牲者を追悼する活動を行って以降、江蘇や南京などの地域で実施された抗戦勝利記念活動、南京大虐殺の証拠・遺跡などに関する資料・写真▽1985年に記念館が開館してから今に至るまで、各界で保存されている、抗戦、南京大虐殺、慰安婦関連の写真---の2種類。その他、上記の写真を掲載した新聞や雑誌などの資料も募集している
写真は後世に歴史の記録として残すことができる。大虐殺から80周年を迎え、同館は写真展「歴史のしるし」を開催する計画。張館長は「同活動を通じて当館が所蔵する資料が一層豊富になり、また人々に歴史の再教育と再伝播していく上で助けとなり、この特殊な歴史を写真を通して、さらに多くの人々の心に深く刻み込まれることになる」と語った。募集は今年の12月31日まで行われる


嘘というやつは実に怖いもので、一度ついたら辻褄合わせのためにずっとつき続けなければならない。それを国家レベルでやっているのが特定アジア三国で、中国はその筆頭格だろう。

だいたい戦後70余年を経た今頃に「証拠集め」をしだすなど、いかに「南京」「慰安婦」が嘘まみれの宣伝工作でまともな「証拠」などどこにもないことの証ではないか。

「写真は後世に歴史の記録として残すことができる」? それを言うなら「写真はいくらでも加工し後世の人民を騙すことができる」の間違いではないか。

中国は自国民を虐殺した「文化大革命」や「天安門事件」には向き合おうとせず、高速鉄道よろしく記憶を埋め戻し歴史から抹殺していることを、世界の心ある人々は知っている。だからこその「中国国内限定で絶賛大募集」なのだろう。

日本政府、心ある政治家諸氏は声をあげて批判せよ。
posted by 三四郎 at 09:18| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする