2016年08月17日

低劣メディア

このところ何かにつけ劣化著しいマスメディアがまたやらかしたようだ。

一時「韓流あげ」でネット民を中心に反感を買い、「いやなら見るな」という態度に出て火に油を注いだ過去を持つフジテレビが、海外の「間違った日本」を調査するバラエティ番組で台湾の人を嘲笑するシーンがあったらしい(@niftyニュース/RecordChina)

>2016年8月16日、台湾・聯合報によると、日本のテレビ局が台湾を嘲笑する内容を放送した問題で、テレビ局側が謝罪した
>先日放送されたフジテレビのバラエティー番組「やっちまったtv」では、「間違い日本を徹底調査!台湾で捕獲パチモンGO」と題して、台湾で使用されている間違った日本語などを紹介し、出演者がそれを笑っていた
>その中の、彰化県の生がきを使ったかき氷を紹介する部分では、店頭に「かき氷」と書かれた紙が貼られている様子を映し、出演者からは「ばかじゃないの?」というコメントが出ていたが、実際にはこの紙は日本の制作側が貼ったものだということが発覚。同かき氷店の荘さんは後にその意味を知って怒りを覚えたと語った
>荘さんは11日、SNSで「やっちまったtv」のプロデューサーから送られてきた謝罪文を公開。謝罪文には取材への協力に対する感謝とともに、「番組はただ間違った日本語の看板を取り上げたもので、台湾を否定する意図はなかったが、番組によって台湾の人々の感情を傷つけてしまったことを申し訳なく思う。今後は番組制作に気をつける」などと記されていたという
>しかし、荘さんは個別の謝罪には納得しておらず、「日本のネットでも『日台感情を傷つけた』という批判があったと聞いている」とし、もはや自身が謝罪を受け入れるか否かという問題ではないとの考えを示している


これは悪意的な「やらせ」以外の何物でもなかろう。「やらせ」は言ってみれば「捏造」である。国内でもこんなことは許されることじゃない。しかも外国を取り上げた番組であり一つ間違えば国際問題になる。意図的な捏造報道が国家国民相互の抜きがたい不信に繋がり、大きく国益を損ねることは朝日新聞の「従軍慰安婦報道」を思い起こせば十分だろう。

海外における「間違い日本」を調査検証すること自体が悪いのではない。行き過ぎた商業主義や政治的プロパガンダなど、動機・目的が何であれメディアとしてウソ・捏造は許されないということだ。こんなことは子供でも分かる。どちらが「やっちまったtv」だか。シャレにもならない。

こんな愚にもつかない「間違い」を取り上げるよりも、韓国や中国に行って「慰安婦像」や「南京大虐殺」に含まれる大間違いを追及することこそメディアたるものの務めではないか。やはり「小悪(でさえないが)には強く巨悪には弱い日本メディアの伝統なのか。

こんなメディアは要らない。さっさと廃業させるべきだ。
posted by 三四郎 at 09:57| 千葉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする