2016年08月19日

蓋し正論

フィリピンの麻薬撲滅のために犯罪者が射殺されていることについて国連が「人権への配慮が足りない」批判していることについて、ドゥテルテ大統領は「我が国の問題に安易に干渉するな」とこれを撥ね付けているという(@niftyニュース/グローバルニュースアジア)

>2016年8月17日、フィリピンメディアによると、真っ向から麻薬撲滅対策を進めるドゥテルテ氏が大統領に就任してから、1000人以上の麻薬関連の犯罪者が射殺されていることについて、人道的な配慮が足りないなどと国連が批判を続けている
これに対し、ドゥテルテ大統領は、警察創設115周年記念式典で「なぜ国連はわが国の問題に安易に干渉してくるのか。射殺したのは、まだ僅か1000人だ」と述べ、麻薬取り締まりを急ピッチに進めることを再度強調した
>さらに、外国NPOなどの人権擁護団体について「麻薬撲滅の行動について、批判を繰り返し論じているのは極めて不愉快だ。検証や調査活動をフィリピン国内で中止すべきだ」と警告した
殺害を恐れた麻薬密売にかかわる関係者や麻薬患者、約60万人が自首している。この数からもフィリピンの麻薬汚染が広く深く蔓延していたことがうかがえる
>ドゥテルテ大統領は「麻薬を撲滅することが最優先で、法律を順守し手続きなどと、悠長なことは言っていられない。フィリピンから麻薬を撲滅するには荒療治が必要だ」と語る。ドゥテルテ新大統領支持は91%、一方不支持は0.2%。圧倒的な国民の支持をバックに、麻薬の撲滅を目指し、超法規的な手法でフィリピンの改革を進めている
>在日フィリピン人の見識者は「有言実行の唯一の政治家ドゥテルテ氏の荒療治が必要だ。麻薬撲滅が完了した後、安全で犯罪の少ないフィリピンとのイメージを国際社会に定着させ、国民一人一人を豊かにする政策を実行してもらいたい。フィリピンでは前近代的な悪臭(悪習)が蔓延している。先進国の立場から、代案も示せずに、ドゥテルテ氏を批判する国連や人権擁護団体は、雑音でしかない」と語った


大統領の言も末尾の在日フィリピン人指揮者の意見も蓋し正論と言うべきだろう。

そもそも麻薬取引はまごうこと無き犯罪である。どこぞの一党独裁国家が少数民族を弾圧するような政治的行動ではない。厳に取り締まられ撲滅されなければならない。そもそも麻薬取引が人権に反する行為であり、これに加担する犯罪者が善良な市民と同等に扱われることこそ誤りと言うべきだ。

とかく国連はこの種の内政干渉をするのだが、そのくせどこぞの一党独裁国家の人権弾圧行為については及び腰である。先進国の立場云々というより、大国に口出しできないので中小国家の政策に口出しして「仕事をしている振り」をしている感が強い。国連がダメな所以である。

さておき憎むべき犯罪には苛烈に対応し、これを堂々と世界に主張することこそリーダーの仕事であろう。ドゥテルテ大統領の政治的スタンスは詳らかでないが、この件については賛辞を送り支持したいと思う。
posted by 三四郎 at 21:06| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする