2016年09月03日

忘れてならないこと

今上天皇陛下の生前退位について、今年に入り俄かに朝野の議論が喧しくなってきた。NHKの世論調査だと8割超の人が生前退位賛成で、反対はわずか5%程度らしい。

この種の調査は調査主体によってバイアスがかかるのが普通だと思っているから鵜呑みにはできない。しかし仮に賛成派が半分としても4割超の人は賛成で、反対派が倍としてもせいぜい10%程度しかいないことになる。

こうした背景を受けてか、与党内でも生前退位ありきの議論が進行している風だ(@niftyニュース/読売電子版)。

自民党の二階幹事長は2日、TBSの番組収録で、天皇陛下が「生前退位」の意向を示唆されていることについて、「陛下が内面まで吐露しておっしゃったわけで、『慎重審議だ』みたいなことを言って棚上げしておくことは許されない」と述べ、政府として対応を急ぐべきだとの考えを示した
>公明党の漆原良夫中央幹事会長も「政府で案を出していただき、粛々と早く結論を出すことが大事だ」と同調した


俺も今上陛下の談話をTVで拝見した。確かにご自身の健康不安や国事行為への影響を慮るお言葉であり、生前退位を望まれていると忖度できる内容だと思う。

しかしこれは陛下御自身の問題にとどまらず日本の国の象徴に関わる問題だけに拙速に事を運ぶことは許されない。今上陛下御自身の健康不安があるなら、その軽重を問わず摂政を置けばよかろう。まずは現行制度において最大限可能な対応をすべきである。

その間に恒久的な制度改正に向けた議論を活発化させればよい。陛下御自身はかなり以前より周囲に心情を吐露されていたというが、国民一般が関心を持ち議論を始めるようになったのは今年になってからではないか。俺の認識ではまだスタート地点である。

俺自身の考え方としては、生前退位はされるべきではないと思う。もし生前退位が復活したならば「太上天皇」という位が設けられることになる。今日、皇室は政治的な実権を持たず国の象徴に徹すると言えども、それだからこそ権威は大きい。今上天皇と太上天皇という2つの権威が存在することが権威の政治利用に繋がらないとも限らない。

憲法や法律は時代が変わればそれに合うよう変えていく必要がある。しかし「天皇」は日本国の象徴、いわば日本そのものである。感情や利便だけで扱うべきではない。もし崩御されれば国全体として受け止め影響を甘受して喪に服す、そういうものだと俺は思う。
posted by 三四郎 at 11:23| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする