2016年10月16日

薄っぺらい釈明

過日、作家の瀬戸内寂聴氏が死刑廃止の立場から存続論者を「ばか」呼ばわりしたことを批判する記事を書いた(拙記事:「想像力の欠如」)

その瀬戸内氏が発言について釈明しているというニュースがあった(@niftyニュース/読売)

>死刑制度に反対する作家の瀬戸内寂聴さん(94)は15日、京都市内で開かれたトークライブに出演し、日本弁護士連合会のシンポジウムに「殺したがるばかどもと戦ってください」と呼びかけるビデオメッセージを寄せた件について、「被害を受けた人をばかにしたと受け取られたが、全くの誤解。(死刑制度を容認する)世の中に対するものだった」と釈明
>「誤解されたのは、私の至らなさのせい。仏教者が『ばか』なんて言葉を使うべきではなかった」などと述べた


一見、謝罪を込めた釈明のようだが、「死刑支持者」という自らに反対する意見を持つグループを「世の中」と称し、これを「ばか呼ばわり」したことは認めておりそれに対する反省はしていない。誠に薄っぺらい釈明である。

重箱の隅をつつくような意見で申し訳ないが、こういうレベルの認識しか持てない人物を公の場に出すことは、死刑廃止論の薄っぺらさを晒すばかりで良いことはないのではないか、と老婆心ながら思う。
posted by 三四郎 at 13:06| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする