2016年10月29日

したたかな「新世界のおっちゃん」

フィリピンのドゥテルテ大統領が日本からの帰途、「神のお告げ」を受けて「今後は暴言を止める」と言ったとか(@niftyニュース/時事)

>フィリピンのドゥテルテ大統領は27日、国際的に物議を醸している自身の暴言について「今後はやめると約束する」と述べた。神のお告げがあったのが理由という。日本から帰国した際、南部ダバオの空港で記者団に語った
>ドゥテルテ氏は日本からの帰途、機内で空を眺めていたら突然声が聞こえ、「ののしるのをやめないとこの飛行機を落とす」と警告されたと説明。「誰なんだと聞いたら『神だ』と言われた。だからもうしない」と話した
>ただ、記者から欧米への暴言もやめるのかと聞かれると、「タイミングによる」とはぐらかした


あんたは真昼間から一杯ひっかけて新世界を徘徊しているおっちゃんか。

最近は米国のトランプ氏のような歯に衣着せぬ、というかほぼ「暴言」レベルの発言に慣れているせいか、この御仁の暴言、迷言も気にならなくなっていたが、さすがに「神のお告げ」にはぶっ飛んだ。

中国に行って擦り寄る姿勢を見せたかと思うと、日本にきて過去の支援を謝しその立場を尊重するような言動をする。「米国嫌い」は一貫しているようだが、「変幻自在」とも見える外交姿勢は小国のリーダーとして精一杯の虚勢なのかもしれないし、深慮遠謀に満ちた計算づくのことかもしれない。

とにかくこの御仁、何とも掴みどころがない。記事の最後はまるで漫才の「オチ」みたいだ。ご本人が言うようにフィリピンの尊厳を貫いて日米中を利用していくのか、それともただの「酔っ払いの元市長」で終わるのか。いろいろな意味で目が離せない御仁ではある。
posted by 三四郎 at 14:04| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする