2016年10月30日

お約束

韓国の大統領は政権末期になると決まって不正、不祥事を暴かれ弾劾・訴追の対象になる。朴大統領も例外ではないようで、気が付けば「政権の私物化」が取り返しのつかない状況を招いてしまっているようだ(@niftyニュース/時事)

>「朴槿恵、退陣せよ」「真相を究明せよ」。朴槿恵韓国大統領の親友、崔順実氏による国政介入疑惑で、大統領の退陣などを求める集会が29日夕、ソウル市内で開かれ、警官隊が厳戒態勢を敷く中、主催団体推定で2万人以上が参加した
>主催したのは、過激な闘争方針で知られる労働組合の中央組織「全国民主労働組合総連盟(民主労総)」が主導する「民衆総決起闘争本部」。会場となった清渓広場は市民らで埋め尽くされ、参加者は集会後、市内をデモ行進した
>韓国メディアによると、警察当局は警官隊約6000人を配置、デモ行進参加者らと小競り合いが起きたものの、負傷者が出たという情報はない。この日は南部の釜山や蔚山などでも抗議集会が開かれたという


内政、外交ともに見るべき成果もなく、経済も不振で頼みのサムソン、現代、韓進等の主要財閥の業績も加工の一途を辿り、この先の展望も見えない。韓国民の不満、不安が怒りの矛先を大統領に向けた側面もあろう。

少し早めのレームダックだが、毎度毎度こんな騒ぎを繰り返すこの国に、いったいまともな政治家はいるのかと疑いたくなる。まあこの程度のレベルだから反日ポピュリズムを捨てられず、現実逃避の事大主義から脱しきれないわけだが。

次の大統領候補が希代の無能国連事務総長とらしいからこの先も推して知るべし。日本は「教えない」「助けない」「関わらない」方針を貫徹するのみだ。
posted by 三四郎 at 16:25| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする