2016年11月13日

異端児たちの邂逅

超大国アメリカの新大統領は希代の異端児・トランプ氏となったわけだが、異端児大統領としては先輩格のフィリピンのドゥテルテ氏は、「トランプ氏のいる米国とはけんかしたくない」と「本音」を漏らしているらしい(読売電子版)

>ドナルド・トランプ氏の米大統領選勝利を受け、フィリピンのドゥテルテ大統領は9日、「トランプ氏のいる米国とはけんかしたくない」と述べた
>オバマ政権から強権的な麻薬対策を批判され、米比関係がぎくしゃくしていることから、新政権に期待を示したものだ
>ドゥテルテ氏は、米軍の再駐留を認める2014年の米比軍事協定を維持し、米比合同演習も完全には中止しない意向を示した。トランプ氏に孤立主義的な発言が目立つことから、米国がフィリピンへの関与を実際に弱める可能性があるとみて、軌道修正を図っているとみられる


片や実業家出身、片や地方政治の首長出身と、ともに外交は素人と言っていい。国同士の距離感の執り方や駆け引きなど未経験と言ってよく、当面まさに「感と度胸と強力なブレーン」で腹の探り合いになるはずだ。

この二人、俺的には徹底したリアリストだと思っている。言うこととやることが違う場面は今後増えてくるのではないか。しかし一方、これまでにないタイプの政治家だけに外交スタイルも旧来の枠にはまらない展開になることは覚悟しておくべきだ。

今週、早くも安倍首相はトランプ氏と会談するらしい。事前に相当な準備をしておかねば実現しないスピード振りで、安倍首相とその周囲の周到さには敬意を表する。今後、異端児リーダーに翻弄されることの無いよう念じつつ、展開を見守りたい。
posted by 三四郎 at 18:57| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする