2016年11月19日

首都らしいセンス

東京都の小池都知事は予てより「ダサい」と悪評高かった都の観光ボランティアのユニフォームを「躊躇なく変えていきたい」と見なおす方針らしい(朝日電子版)

>東京都の小池百合子知事は18日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人観光客を案内している東京都のボランティアの制服を問題視し、「ちゅうちょなく変えていきたい」と述べた。昨年6月のお披露目以降、ネット上で「ダサい」などと否定的な意見が相次いでいた
>制服は、都が若手デザイナーを起用して制作した。都によると、ポロシャツや防寒着など4種類、計3735着がつくられ、昨年6月からボランティアが着用している。制作費用は計約3015万円にのぼる
>小池氏はこの日の定例記者会見で4種類の画像を示しながら、「申し訳ないけど、色もバラバラ。『これを着たいからボランティアになります』という話も聞いていない」とばっさり
>デザイナーのコシノヒロコさんら有識者による「東京ブランドのあり方検討会」を25日に立ち上げ、今後の方向性などを協議する。「より研ぎ澄まして、都民が着たいものにすることが東京のPRになる」と述べた


これは大賛成だ。俺的にこの制服から受けるイメージは「ピエロ」か「コメディアン」しかない。小池知事は色使いがバラバラと言っているが、原色で粗いパターンの配色は半島系の色彩感覚に通じるものがあり日本的とは全く言えない。

既に「制作費3015万円もかけて作った制服を変えるなんて、それこそムダ使い」という意見もあるようだが、このデザインはいわば首都・東京の顔でもある。悪評ばかり目立つものが後4年間も使われたのでは東京のイメージが、いや日本のイメージが著しく損なわれる。都民の税金とは言え、批判的な声が多数ある以上、傷は浅いうちに直すべきだ。

また「都が一度決めたことを勝手に覆すのはワンマン」という声もあるがナンセンスの極みだ。その論法で行けば新知事は前知事以前の時代の決定事項に手を付けることができない。豊洲問題など論外となる。政治・行政の改革を真っ向から否定する愚論である。

願わくば、どうせお金をかけて見直すなら日本の首都らしく、美しく躍動感があって、それでいて古い国ならではの品格を備えたユニフォームにしてほしいものだ。
posted by 三四郎 at 14:31| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする