2016年11月26日

どこでも被害者

嫌韓派を自認する俺にとり、韓国については当然ながら負のイメージしかない。とりわけ端的にあの国を言い表す言葉を択ぶとすれば「プロ被害者」である。

先ごろ、韓国発のミシュランガイド発行に当たって韓国政府関係機関が「広告費」という名目で賄賂を贈ったらしいというスキャンダルが発覚した。

本質は民間の民間による「サービス評価」という「商行為」に過ぎないミシュランガイドに一国の政府機関がカネを出すというのがそもそも奇妙な話だが、これに対する韓国民の反応がまたいかにも「らしい」のだ。いささか長くなるが経緯も含めて関連記事を引用する(@niftyニュース/Record China)

>2016年11月25日、韓国・時事INは、韓国初上陸となった「ミシュランガイド」ソウル版が7日に発刊された直後からささやかれていたあるうわさが「事実として明らかになりつつある」と報じた。ソウル版発行に向け、韓国政府機関がフランスのミシュラン社側に金銭を支払ったとのうわさ
>記事は、ガイド発刊までのいきさつをよく知る政府機関関係者から「韓食財団と韓国観光公社から各2億ウォン(約1920万円)が『ミシュランガイド』広告費として執行された」との証言を得たとしている。同関係者によると、予算執行については「機関内部では公然の秘密だった」という。また、機関内の文書では「ミシュラン」を「M社」と記載、発行直前まで「ミシュランガイド」という言葉を口に出さないよう職員に指示が出されるなど、ミシュラン関連事業は秘密裏に進められたという
>時事INは関係者の証言を基に両機関に問い合わせたものの、韓食財団は「ミシュランとの秘密保持契約により金額は明かせない」との回答を繰り返し、観光公社は「広告費については知らない」と回答した
厳正な評価ガイドとして知られる「ミシュラン」が対象国から金を受け取って動いたとすれば、「韓国料理の人気を受けてソウル版発行を決めた」としたミシュラン側の説明も真実味を失う。韓国の有名グルメコラムニストのファン・ギョイク氏は「4億ウォンの広告費が使われたことも問題だが、実際にはそれよりはるかに多くの金が使われたかもしれない。きちんと明らかにすべきだ」と述べた
>一方、ミシュラン側は17日、ソウル版のホームページに突然「『ミシュランガイド』広告政策についてお知らせします」との文章を掲載した。レストランやホテルの広告は載せておらず、また広告クライアントは編集方針に関与できないとの内容だ。韓国政府機関から広告費を受け取っていたとの批判を意識したもので、時事INは「韓国政府機関と国内グルメ業界全体が外国の一雑誌に乗せられた形になった」と伝えた
>これについて韓国のネットユーザーからは「おいしい店の宣伝に4億ウォン?」「出版社を買収するのは載せてもらう店の方だろ。なぜ国が金を出す?ミシュランが何様だよ?」「朴槿恵(パク・クネ)政権は本当に浅はかだね」「ここまでくると国の恥も想像を超えて空前絶後」「評価する側も国もこうだとすると、そんな評価を見てうまい店を探そうなんて完全に無意味だな」「ふざけたやつが多過ぎる!あきれたよ!」「もうこんな国から消えてしまいたい」「何を期待しても怒りにつながる」「ああ、僕の税金が…それで僕が得られるものは何なんだろう?」など、怒りの声やため息が聞こえている


記事後段の韓国ネット民のコメントはまあ同調できるものではある。俺が「らしい」と感じたのは時事INなる韓国メディアのコメントの方で「韓国政府機関と国内グルメ業界全体が外国の一雑誌に乗せられた形になった」という行である。

ガイドブックの性格やビジネスとしての本質を少し慮れば、政府関係機関が介入すべき事案ではなく、ましてやいかなる名目であれ公費を投入すべきではないことは容易にわかるはずだ。

それに思い至らなかったとすれば韓国ネット民のコメントにもある通り「浅はか」の極みであり、承知の上だとすれば「浅はか」に加えて「狡猾」である。誠に「ずるい馬鹿」ほど手の付けられないものはない。

いずれにせよ韓国政府機関や業界関係者は甘んじてその批判を受けなければならない立場であるはずだが、このメディアはあたかも「詐欺的行為に引っかかった」「信頼を裏切られた」とでも言いたいかのような書きぶりをしている。「いつでも、どこでも自分たちは被害者なので非は相手にある」という、対日批判や政権批判に通じるあの態度である。

それにしてもこれが事実とすればミシュランも変な国に関わったばかりに墓穴を掘ったものだ。もともと一民間会社の主観的な評価本と割り切っていた俺からすればどうでもいいことながら、「近年ヨーロッパにおける本書の影響力は低下しており、代わってアメリカ合衆国や日本といった新市場に積極的に展開している」らしいので、今後の同社の「権威」ビジネスにとりマイナス評価になることは間違いない。

一方、業界関係者にとって世界的なガイドブックに掲載されることはビジネス展開上有利なことではあるが、反面また一見客の増加によりサービス品質の低下要因にもなりかねない。さらにそれが目的化すると方向性や本来の良さを見失うことにもつながると思う。

日本の業界関係者はこの一件を奇貨とし、徒な権威信奉に陥ることの無いように自らの方向性を見直しておくことも必要ではないか。
posted by 三四郎 at 09:23| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする